Customer 真珠湾攻撃に戦艦も参加させて艦砲射撃を

Customer 真珠湾攻撃に戦艦も参加させて艦砲射撃を。現実問題として、真珠湾の湾口がめちゃくちゃ狭く、水深も浅いため、そこへ戦艦を突っ込ませると、わずかでも損傷した際に鎮座して行動不能になりかねない、ってことはあったと思います。真珠湾攻撃に戦艦も参加させて艦砲射撃をしなかったのは何故ですか 真珠湾攻撃。上陸可能な死角も存在しなかったため。艦砲射撃や上陸作戦には成功の見込みは
なかった。また年明治年月。山本英輔海軍少佐が斎藤実海軍大臣に
真珠湾の港湾部図面を提出している。米軍の対日戦構想については「オレンジ太平洋戦争と日米関係史。お未熟な論稿に過ぎないことは承知していますが。「勉学事始」の第一歩とさせ
てください。 。 作戦と米国の歴史の軌跡 日米間の太平洋戦争は真珠
湾で先端は開かれたものの。戦争の淵源は遠くペリー来航に先Customer。真珠湾攻撃の際でも。第一次攻撃隊総指揮を務めた淵田は。旧式戦艦群を叩いて
何故空母中心の艦隊へと編成を変え。戦艦を協力な支援兵力としなかったので
の艦砲射撃の余りの凄まじさに。守備隊からは輸送船団の攻撃より先に戦艦を
を取れば。珊瑚海海戦で大破してなおミッドウェー海戦に参加した。米空母「

大和の沖縄特攻作戦の裏には。作戦参謀。設計者。主砲や高角砲。そして機銃を担当した乗組員ら多数の証言
から。戦艦大和の実像を浮き彫りにする。真珠湾攻撃に参加して空襲部隊を
指揮した淵田大佐によれば。大和は。ミッドウエー北方海上にいる米空母の呼出
信号日本では軍部が「自ら電波を発信するなど狂気の沙汰」と実験すら拒否
し。特許局も真珠湾攻撃前に特許更新を拒否した。このような最先端軍事技術が
あったのにうまく活用できなかったのは。日本陸海軍上層部には軍事技術無知を
カバーすなぜ勝てない戦争を。国家予算を無視して。巨大戦艦「大和」を建造しようとする海軍首脳部と。その
建造は開戦につながると。データを駆使してまた。空母の配置に関しても。
機動部隊として集中運用されるようになったのは。真珠湾攻撃のときが初めて
なんですよね。旧式の戦艦「金剛」や「榛名」で飛行場を艦砲射撃するより。
「大和」や「武蔵」を使うべきだったのではないか。と。アメリカは造って
働かせる国力がありましたが。日本にはせっかく造ったものを活用する資源も
なかった。

真珠湾攻撃。真珠湾に奇襲攻撃をしかけてきた日本軍に向けて。米軍兵士として最初に発砲
した水兵の一人。アラン?サンフォードさんの遺灰が日。米この最初の射撃
で。サンフォードさんは砲弾が潜水艇の展望塔をわずかに逸れたのを見た。
しかし。アウターブリッジ氏の報告は。米海軍が分後に受ける空爆に十分備え
させる警告とはならなかった。ワードの行動は。日本が米国に宣戦布告して
米国を戦争に巻き込んだ当日。最初に米国が行った砲撃とされている。

現実問題として、真珠湾の湾口がめちゃくちゃ狭く、水深も浅いため、そこへ戦艦を突っ込ませると、わずかでも損傷した際に鎮座して行動不能になりかねない、ってことはあったと思います。また、真珠湾はアメリカの本拠地ですから地の利は相手にあります。さらに要塞砲もあるはずですから、それと戦艦を渡りあわせるわけにはいきません。「要塞砲とは撃ち合うな」という海軍伝統の教えも要因としてはあったでしょう。そういうことから戦艦を奇襲に使うという選択肢は最初から排除されていたと思われます。真珠湾奇襲の成功を見てなお、海軍内部では本当の勝負は艦隊決戦でつけるべきものだという考えが根強く残っていたという証言があることからも、戦艦は来たるべき艦隊決戦に不可欠として温存しておくという考えもあったとして不思議ではありません。1、奇襲が成功した2、敵空母の位置が分からなかった宣戦布告はしてましたが、基本真珠湾は奇襲攻撃なので砲撃が届く距離まで行くとばれてしまいます。しかし、攻撃が成功して敵戦艦を沈めた後では突撃しておくべきだったと思います。敵空母とも接触でき、何隻かは撃沈出来たと思います。主砲が届く距離まで接近するリスクを考えるとだなぁ~、何故とかそういう以前の話になる。山本長官は航空機至上主義…でも無かったようだからある解釈としては、仮に真珠湾攻撃で空母部隊が絶滅しようと戦艦の艦隊があるので十分持ちこたえられるという考えをしてた…かもしれないというのがあるこれは流石に極端だとは思えるが。しょっぽクン陸上砲台と撃ち合ってはいけないというのは海軍の常識でした。なぜかといえば、陸上砲台は砲台にピンポイントで命中しない限り破壊できないのに対して、戦艦はどこに命中してもダメージを受けるからです。そして陸上砲台は沈まないけれど、戦艦は沈む。命中精度も比較にならず、戦艦はどれほど大型でもわずかに揺れます。そして、揺れると砲撃の着弾位置がズレる。しかし陸上砲台は揺れません。さらに、陸上は砲台に設置された簡易測距儀だけでなく、山頂に観測所を設置しているため、正確な測距が可能であり、平時から砲撃がどこに着弾するかも確認しているため、非常に命中精度が高い。要塞化されているオワフ島で砲撃戦をやっても万に一つも勝ち目はなく、被害ばかり増えるのは目に見えているため、航空機による攻撃を実施したんです。空母の集中運用による大規模航空攻撃は先例がなく、ハワイでもそれを想定した防備はしていませんでしたから。ガダルカナルのように砲台が存在しない目標ならいいんですけどね。当時ハワイは太平洋艦隊の重要拠点であり、戦艦と同クラスの14?16インチ砲を多数備えた要塞でもありました。まだ当時はすべての砲台がコンクリート防護されていたわけではありませんが、戦艦から陸地を狙うよりも陸地から戦艦を狙ったほうが有効射程距離が長く、また陸地側は砲台や見張り台を離れた場所に設置できるので、戦艦で要塞と撃ち合うことは戦艦側が不利になると考えられていました。真珠湾攻撃の目的は太平洋艦隊を6ヶ月ほど行動不能にすることで南方進出の邪魔をさせないことにありました。また、空母艦載機による停泊中の戦艦への攻撃というのは、すでに連合国側がタラントでイタリア戦艦に対し行っていて、真珠湾がタラントよりも浅いことを考慮する必要があったものの奇襲ならば実現性がありえると考えられていました。一つは当時ハワイはまだアメリカの植民地でハワイの住民の土地でしたハワイが合衆国に編入されるのは戦後ですじつは遡ることハワイはアメリカに侵略される時に日本に出兵要請をしています残念ながら日本はアメリカと前面対決する気はなくハワイ王家を日本に亡命させるに留まっていますなのでハワイに対する攻撃は考えておらずあくまでアメリカ艦隊に的を絞った作戦でしたあと戦艦のハワイ到着はアメリカの考えていた通り数日後になります。真珠湾攻撃がアメリカは知っていても手も足も出なかったのは空母機動艦隊による航空攻撃でものすごい速さでハワイに到着したからです予定より速かったので出撃準備途中だったのですこの後戦艦によるハワイ攻略を試みても良かったかもしれませんがアメリカは足の遅い空母を前日に出撃させているので場合によっては空母をハワイに戻し日本の戦艦を攻撃させるかもしれません真珠湾を攻撃し空母が不在ということを確認したことでこれ以上の深追いは危険と判断したと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です