2億円超の自社株が2000万円に 中小零細の同族会社の株

2億円超の自社株が2000万円に 中小零細の同族会社の株。書いていただいた内容ですと、1祖父と叔母の出資により会社を設立2叔母出資分を祖父を買取3祖父死亡により父叔母の兄が株式を相続という流れになるかと思います。(中小零細の)同族会社の株について

代々ある会社を祖父が株式会社にしました
その際、一緒にやっていた叔母も出したようです 私も100、話を分かっているわけではないのですが、会社の経営状態が良くない中、
叔母が私的に使うようになり(まぁ個人の小さい会社はそんなものなのかもしれませんが)、
株を買い取る形で叔母を追い出したようです

叔母は当時から宗教に、はまっていてそれにお金をつぎ込んでいたとか???

それは別に置いておくとして

叔母が最近金の無心に来たようです
その際に「兄(父)は株式にする際お金を払っていない 私は出した 」と話したようですが、
それってどういう意味なのか分かりませんが、仮に出していないとして
(例えば祖父が自分の分と父の分を祖父が出し、名義をそれぞれにしたとか)

祖父が亡くなり、その分を父が、そして父が亡くなり私に引き継いでおります

このような場合、何か問題があるのでしょうか
名義の変更は済んでいます

最初に株式にした際に父が出していないという証拠があるのかないのか、また出していなかったとして、どういう問題があるのでしょうか

色々と、さぞ自分は正当な権利を主張しているという言い方をします
こちらとして、縁を切りたい 切ったはずなのですが、詳細を知っている父が亡くなって、
あの手この手と近づく口実を見つけては、連絡をしてきます (頻繁ではないですが)
先日も祖父が持っていたあるものを見せて欲しいと
もう何年も昔に預かって、母も捨てようかと思っていたようなものをです

話が逸れましたが、
株の出資の件宜しくお願い致します 経営者必読会社を後継者にスムーズに事業継承する方法と相続。今回は。「自主株式」を活用したおすすめの事業継承法と。その時に合わせて
考えたい。相続税対策についても具体的な方法をつご紹介します。経営者の
同族会社のように元々株式を身内だけで所有している場合を除くと。多くの場合
。株式は全国に分散しているでしょう。このため。中小企業や零細企業の
ほとんどの会社が株式の取引を自由に行えないように。定款にある定めを設け
ています。

同族会社の株式を相続するために心得たい8つのポイント。同族会社の株式を相続する手続きとその流れについて解説。がある 2。同族
会社の相続対象は「株式」; 3。株式の評価方式について同族会社の相続の
対象は「役員である社長の地位の相続」という感覚があります。一般的な企業
の多くは中小零細企業であって。同族会社が大半を占めています。2億円超の自社株が2000万円に。当事務所のクライアントには同族会社が多いですから。自分の息子に継がせる
というのが一般的です。資産形成」できる可能性があるのは。上場企業の話で
あって。非上場の中小。零細企業の従業員にとって自社株を持た非上場株式の評価「大会社」と区分される取引高は何億円から。そこで本連載では。島津会計税理士法人東京事務所長であり。事業承継
コンサルティング株式会社代表取締役の岸田康雄公認会計士/非上場会社の中
には。上場会社並みの大企業もあれば。個人事業程度の零細企業もあります。
そこで。非上場会社の同族株主の所有株式については。「従業員数」。「取引
金額売上高」。「総資産価額帳簿価額」という大会社と小会社の中間
にある中会社の株式は。大会社と小会社の評価方法の併用方式で評価します。

未上場会社の値段はどうやって決まる。中小企業庁の発表では。年までに。平均引退年齢である歳平均引退年齢
を超える中小企業?小規模中小企業?小規模事業の経営者の皆様の多くは。
ご自身の会社の事業をどのように継承していくか。考えられたこの株価は。
同族承継などで親から子供へ株式を相続や贈与したときに発生する相続税。贈与
税を計算するための株価になります。配当還元方式は。零細株主に認められた
方法で自社の配当金額に着目して計算する税務上の株価になります。非上場株式の相続税評価額の計算方法を日本一わかりやすく解説。非上場株式の相続税評価額は。配当還元方式?純資産価額方式?類似業種比準
価額方式の3つから計算します」って!ただ。私が株式の評価額の計算方法
についての解説を執筆するにあたって。日本一わかりやすい解説を執筆していく
ことを宣言します!同族株主グループと少数株主グループでは。同じ株式でも
。会社への影響度が全然違うのです。そのことから。少数株主グループの人が
株式を取得する場合には。特例的な評価方法である配当還元方式という方法で
株式を評価

4。事業承継における自社株式の承継方法としては。相続?遺贈。生前贈与。売却
譲渡等が考えられる。また。承継先としては。個人だけでなく。資産管理会社
持株会社や従業員持株会も検討の対象である。そのため。

書いていただいた内容ですと、1祖父と叔母の出資により会社を設立2叔母出資分を祖父を買取3祖父死亡により父叔母の兄が株式を相続という流れになるかと思います。※わかりにくくなるので敬称略にしました。すいません。ポイントは3の相続の際、どのような処理をしたかになるかと思います。叔母は出資分を2の時点で譲渡しているのですから、3の時点で父が全て相続しているのであれば、株式会社に変更した際の出資は関係なくなっています。この状況を「出資」の問題と捉えるからややこしくなるので「相続」の問題と考えればシンプルです。多分1の状況を把握しているのが叔母のみなので、正当な主張をしているかもしれないと思っているかもしれませんが、3については当事者としてあなたのお父さんが関わっているはずです。したがって、ちゃんと相続をしていれば問題ないはずです。叔母さんの主張が明確でない場合は、文書などで出してくれ、といって一つ一つ確認した方が良いと思います。それも面倒であれば、裁判所にでも訴えてくれ、と突き放すのもの一つです。正当な権利があると証明するのは叔母側になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です