転職者は要チェック 転職税額決定通知書納付書とは 今月末

転職者は要チェック 転職税額決定通知書納付書とは 今月末。今の会社を辞める時に、住民税をその月までの分しか払っていない場合、残りの分は自分で支払うことになります。【転職】税額決定通知書、納付書とは 今月末に退職し12月3日から転職先で勤務する事になっています(今は有給消化期間)

転職先から「税額決定通知書と納付書」が手元にあれば提出するよう通知がきており、
いま手元に今年5月に発行された「平成30年度 給与所得等に係る市民税?県民税 特別徴収税額通知書」という細長い小さな用紙があるのですがコレの事でしょうか

ただ転職先からの通知には、前勤務先にて配布された「税額決定通知書(特別徴収)」ではお手続きできませんという注意書きがありコレじゃないような気がします

転職先に提出すべき「税額決定通知書と納付書」とは何の事でしょうか
前職にて手続きを行わなければ入手できないものなのか、何もせずとも退職後にもらえるものなのでしょうか

常識知らずで大変恐縮なのですが教えていただきたいです
よろしくお願いいたします 転職者は要チェック。なお。退職時の給与。退職金が一括して徴収を受ける住民税の額を下回る場合は
。その後普通徴収で納付することになります。 退職日が月日から月日
まで場合 退職者の意思で。翌年月までの

こんなときはどうしたら特別徴収義務者の変更?納税義務者の。退職 その年の月から月末の間に退職し。本人から。翌年月までの未徴収
税額一括徴収の希望がなかった場合 異動届出本人あてに普通徴収の納付書を
郵送しますので。絶対に特別徴収義務者用の納入書を渡さないでください。 退職
その年の月その年の月日以降に豊島区を転出もしくは出国していても
課税になったかたには。月上旬に納税通知書を送付します。 新年度の納税通知
書を転職後の住民税はどうなる。自分で直接納付していないため。転職時に手続きを忘れがちですが。退職や転職
をした場合は個人で納付しなければならないかもしれません普通徴収は。
月末に一括払い。または。年回月末。月末。月末。翌年の月末に分け
て納税します。納付書が送られてくるので。金融機関の窓口やコンビニ。口座
振替で支払うことができます。の月までの年間にわたって等分されて
天引きされており。自治体から住民税の金額が会社を経由して通知されます

社労士監修転職後の住民税に関するよくある疑問とその対処方法。住民税は。前年の月日から月末までの収入に対して課税される「所得割額」
と。所得に関係なく均等に課税され額は同じですが。特別徴収は分割で給与
天引き。普通徴収は一括または退職時期によって?分割での個人納付という
違いがあります。退職月の住民税は給与から天引きで徴収され。残りの住民税
は普通徴収に切り替わります。市転職先の人事に。市区町村から送られてきた
納税通知書および納付書を一式持参して。特別徴収への切り替えを年の途中で退職した場合の市民税?県民税について。自分で納付するための納税通知書納付書は,月に本人あてに郵送します。
退職した翌年度の市民税?県民税額は,前年中月~月の収入をもとに決定

特別徴収に関するよくあるご質問。最終更新日 年月日特別徴収の税額決定通知書が送られて来ないのです
が?特別徴収への切替依頼書」を記入いただき。切り替える期の普通徴収の
納付書と納税通知書の表面のコピー。納付した期分者異動届出書」以下「
異動届出書」の給与支払者欄を異動前の勤務先。転勤転職等による特別
徴収届出書欄を詳しい記載方法は特別徴収のしおり。ページ「 普通徴収」
または「 一括徴収」をご参照ください。 退職又は退職予定の方5月末日
まで

今の会社を辞める時に、住民税をその月までの分しか払っていない場合、残りの分は自分で支払うことになります。その納付書が退職後に送られてきます。この納付書を新しい会社に提出することになります。税額決定通知書と納付書は経理担当の人が持っていると思います。市役所は5月に税額決定通知書と納付書12か月分まとめてを市内住民の勤務先に送り、会社はそこに記載された税額をもとに毎月源泉徴収するとともに納付書で納めます。税額決定通知書を送る際には従業員に渡す用のものも付いてますのでそれが渡されていることと思います。転職した従業員分の税額決定通知書と納付書は会社が直接転職先の会社に送ることもあれば、今回のケースのように従業員経由で渡してもらうこともあります。どちらになるかは転職前の会社と転職先の会社で連絡を取り合って決めているのが実務的な現状だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です