職場のあんぜんサイト:化学物質: トリレンジイソシアネー

職場のあんぜんサイト:化学物質: トリレンジイソシアネー。基準は危険物の規制に関する規則第四十九条一部省略しています。トリレンジイソシアネート(80%)は輸送、荷役するのに危険物取扱者の丙種で可能ですか 職場のあんぜんサイト:化学物質:。安全衛生情報センターが提供するトリレンジイソシアネートのに対応した
モデル情報です。濃度又は濃度範囲。, トルエン-,-ジイソシアネート
,-TDI%。トルエン-,-ジイソシアネ-ト,-TDI%の混合物
容器包装材料。, 消防法及び国連輸送法規で規定されている容器を使用する。

基準は危険物の規制に関する規則第四十九条一部省略しています 法第十三条の二第二項の規定により、危険物取扱者が取り扱うことができる危険物は丙種危険物取扱者にあつてはガソリン、灯油、軽油、第三石油類重油、潤滑油及び引火点百三十度以上のものに限る。、第四石油類及び動植物油類とする。でトリレンジイソシアネートのMSDSの一例が第三石油類で引火点が127℃ですから、トリレンジイソシアネート80%のMSDSにて常に引火点が130℃以上と確認できているなら可能です。トリレンジイソシアネート80%の荷姿ですが、石油缶やドラム缶に小分けされている場合は、危険物の運搬になり、輸送や荷役に危険物取扱者の資格は必要ありません。タンクローリーの場合は必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です