第2次導関数 第2次導関数を利用して 3x^4 4x^3

第2次導関数 第2次導関数を利用して 3x^4 4x^3。正解です。第2次導関数を利用して 3x^4 4x^3 12x^2の極値 が、 極大値0 極小値 5, 32となったのですがあってますか 極大値と極小値を求める。極大値と極小値を求める ^-^-^+ + 関数の一次導関数を求めま
しょう。 タップしてもっと手順を表示する関数の二次導関数を求めます。
二次微分値が正であれば。これは極小点です。第 次導関数の値を求めます。第3回。第回 微分積分学 月日木時限関数 y= のグラフで = の点
における接線を引くにはどうしたらいいか? そもそも直線は通過点とy==
3x+2x-4x+5x-2 の導関数は。上記公式の1,2,3を用いて。
次のように計算してよい。ゆえに。 &#;=12x+6x-8x+5 ???

凹凸と変曲点。第次導関数を用いた極値の判定の公式は「この公式を使って極値を判定すること
ができる」ということを述べているだけで「この公式を使わなければ極値か
どうかを判定することはできない」と述べているわけではない.実施のところ,
=の第2次導関数。ア =^{}-^{}+- / — /- キ // =/-/
{/ } {}$→&#;$ 微分 $→^{}$ 指針$$ $//$ $=$ 第次導関数
第次導関数 第次導関数 $=//$ の高次導関数には, 次のような表し方
がある。ここでは $=^{-}//→=//$ と を
利用し, まず$&#;//$ を で表す。であるから $^{}=/^{}-^{
}+/

正解です。fx=3x?-4×3-12×2=x23x2-4x-12f`x=12×3-12×2-24x=12xx2-x-2=12xx+1x-2.x—-1—0—2—f`x.-…0.+0.-..0.+..fx.↘..p↗q.↘r.↗x=0のとき、極大値q=f0=0x=-1のとき、極小値p=f-1=3+4-12=-5x=2のとき、極小値r=f2=48-32-48=-32を取る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です