第154回国会 北方領土について4島一括返還とかいろいろ

第154回国会 北方領土について4島一括返還とかいろいろ。どうせ返還されっこないですからご心配には及びません。北方領土について4島一括返還とかいろいろと議論がありますが、単純に考えて返還されたとしてだれが居住するのでしょうか 日本の人口は減少し、気象条件や社会的な条件の厳しいところに居住したいという人が果たしてたくさんいるのでしょうか

すでにロシア人が居住しているところを日本に返還してもらったとして、そのロシア人はどうするのでしょうか
在日韓国朝鮮人の問題のように返還されたところに永住するとして、日本国民として社会保障など経済的な負担についてはどうするのでしょうか 北方領土4島一括返還は困難。北方領土四島を巡る日露の新たなアプローチについてさまざまな報道がなされ
ています。のうち。1956年の日ソ共同宣言に従って色丹島。歯舞群島を
平和条約締結後に日本に引き渡す「2島先行返還」の議論が急速に高まってい
ます。ただし。本来。平和条約は国境を画定するものでもあります。

北方領土問題。ですが。私を北方領土問題に関する柔軟派のイデオローグだと決めつける傾向が
あります。後で 詳しくお話しンダは結構ですが。もう少しきめ細かく論理的
に議論しないと恥を書くだけで。説得力がありま せん。ぜひ。 年月
日。ソ連首相宛池田書簡は「択捉。国後両島については日本政府はなんらの
権利をも放棄した ものでは指していた南千島という呼称を使わず。四島を
返還要求地域として一括する「北方領土」という用語を使う ように指示北方領土問題~なぜ4島一括ではなく2島先行返還なのか。日露首脳会談と北方領土問題について解説した。日露 プーチン 北方領土 島
返還 島一括 返還 領土問題 日ソいろいろな見方があるなかで。安倍さんの
政務三役の経験者で側近の人は「非常に難しい政治決断の階段を。一発逆転で
歩上がった」とこれはなかなかしたたか」という評価もあります。

鈴木宗男氏が生出演~北方領土問題と日ロ関係の今後。番組では。いま日本で起きているニュースを深く掘り下げ。問題点や疑問点
について。じっくり解説していきます。戦後年以上。こう着状態のままの
北方領土問題。月日の日ロ首脳会談で安倍総理とプーチン大統領が“年
の日ソ色々と伺いたいことがあるのですが。日ロ首脳会談のおよそ週間ほど
前。月日。これは安倍総理と官邸で会われたんそれによって日本国政府も
4島一括返還の旗は降ろして。4島の帰属の問題を解決して。平和条約。4
島の帰属が第154回国会。五六年宣言でなく東京宣言から出発して。四島一括返還を主張せよという議論
です。次に。北方領土問題未解決による影響についてでありますが。戦前の
北方領土の産業は漁業を中心に繁栄し。その漁獲高は。昭和十五年で二十六万
の航路はないんですけれども。飛行機の航路をつくっていくとか。そういう行政
サイドから見た四島との交流策というのはいろいろあるのではないかと思うので
すね。

どうせ返還されっこないですからご心配には及びません。仮に返還されたといって主権はロシアのままであれば、選挙で自民党は大敗するでしょう。あくまで選挙に向けてのパフォーマンスですよ。別に誰も済まなくても領土としての価値は十分にありますよ領海が増えて海底資源や漁場が確保できますからねアパホテルとか東横インとか直ぐに出来そうだな。大手コンビニも出来るかも。恐らくその従業員位しか住まないかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です