特許6024416 十分な量の陽イオン交換樹脂を円筒形の

特許6024416 十分な量の陽イオン交換樹脂を円筒形の。陽イオン交換樹脂ですから、金属イオンは吸着され水素イオンが出てきます。十分な量の陽イオン交換樹脂を円筒形のガラス管につめ、これに十分な量の1mol/L塩酸、さらに純粋を流した この陽イオン交換樹脂に試料溶液A50mlを流して流出液を集め、さらに純水を流してその流出液も集めた これ らの流出液を合わせ、更に純水を加えて200mLとし、そのうちから50mLをとって0 100mol/L水酸化ナトリウム水溶液で滴定した所、中和するのに22 5mLを要した 尚、試料水溶液Aは塩化ナトリウム、塩化バリウム、塩化鉄(II),塩化銅(II)の混合水溶液であり、これらの塩の濃度をそれぞれw,x,y,zmol/Lとする この結果から、w,x,y,zの間に成り立つ関係式を求めよ よくわかりません 解説お願いいたします 特許6024416。東ソー有機化学株製ポリスチレンスルホン酸ナトリウム「ポリナスPS?1
」を強酸性陽イオン交換樹脂に通液してH形とゲル型樹脂は。ポーラス型と
比べ。体積当たりのイオン交換容量が大きいため。超純水の製造に有利であると
考えられるが。非特許文献「これでわかる純水?超純水技術」栗田工業
株式会社監修 2004年11月18日初版発行スルホン酸吸着量及びサイクル
強度と体積当たりのイオン交換容量を十分なものとすることができるために
好ましい。

弱酸性陽イオン交換樹脂。このため。イオンが他の陽イオンで交換された後。薬剤一般的に塩酸または
硫酸水溶液を使用して-の形に戻して繰り返し使用する時の再生が
容易であり。理論化学当量より僅かに多い程度の薬剤量で再生が可能です。
アクリル酸

陽イオン交換樹脂ですから、金属イオンは吸着され水素イオンが出てきます。つまり、塩化ナトリウムはナトリウムと水素が入れ替わるので塩酸になります。塩化バリウムも塩化鉄も塩化銅も塩酸になります。2価の金属は2個の水素イオンに交換されます。滴定結果から塩類の混合比はわかりませんが、合計はわかります。この関係を式にしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です