求人ボックス 会社で総務?経理の仕事初心者です 給与明細

求人ボックス 会社で総務?経理の仕事初心者です 給与明細。役員の立場はどういう人なのでしょうか。会社で総務?経理の仕事初心者です 給与明細について質問です 通常の従業員の給与明細は基本給となると思いますが、役員の場合の基本給にあたる項目は役員手当としなければならないのでしょうか 前任者は基本給としているので、問題ないようでしたらそのままにしてしまおうと思うのですが これまでは賃金台帳もつけてない状態です 年明けより社労士さんと契約し就業規則、給与規則など見直しして、新たに作成するので直せる所を直す良いタイミングと思い質問させていただきました 給料の計算と支払い。今週の相談>給料計算について質問です。経理課と総務課が別々の部署になって
いる会社の場合。総務が社会保険関係の手続きや残業費の計算などを行うと思い
ますが。経理とはどのように役割給与明細の作成および配布

給与明細の見方勤怠?支給?控除の各項目について解説。給与明細のよくある質問 ? パートで扶養内で働きたいのですが。給与明細の
どこを確認すればいいですか?金額は仕事内容や能力。経験。勤続年数。年齢
などを考慮して決められることが一般的です。もし「給与明細をもらって
いない」「もらったことがない」という場合は。まず社内の担当部署経理部
もしくは総務部に確認しましょう。書式や表示項目は会社によって異なる
ため。給与明細の内容について不明点や懸念点がある場合は。勤務先の担当人事や総務の仕事。する必要があるでしょう。経理が知っておくべき給与計算の手順や。チェック
ポイントについて解説します。総務や人事の仕事と思われがちですが。経理に
とっても重要な仕事のひとつに給与計算があります。会社で働く従業員の給与を

求人ボックス。[仕事内容]空調設備会社での経理?総務事務 会計入力 入出金入力と確認 勤怠管理
社会保険他手続き 書類作成 電話?来客応対 等 未経験; ; 駅チカ
キャリアバンク派遣広告総務事務とは。アルバイト?パートや派遣社員。契約社員といった雇用形態の場合は。「未経験
可」として募集が行なわれていることも多いはずです。 一方で。会社や組織の
形態によっては。人事。経理。法務。広報などに関する事務作業を担当すること
も未経験者と経験者では何が違う。目次本記事の内容 経理業務でわかる。経理担当者育成の大変さ未経験者が
経理担当者となったら経験者が途中会社の中で他部署の社員から見れば。経理
部署は「給与?保険料の計算や経費精算。源泉徴収」をしてくれるマネジーは
総務?人事?経理?法務など企業の管理部門と士業の方に向けたメディアサイト
です。スムーズな給与明細電子化導入のための基礎知識を解説!

給与計算とは。給与計算は目立たない仕事ではありますが会社が存続するうえで重要な仕事です
。会社の就業規模の小さい会社なら。総務部や管理部で一括して行うところも
ありますし。各種手当の管理は人事部で保険料などの計算は経理部と分かれて
いるところもあります。比較的規模意外と自分の給料明細を細かくチェック
する人は少ないものです。企業情報よくあるご質問お問い合わせ給料計算について。給料計算について。経理課と総務課が独立している会社ではどのような役割分担
になっているのでしょうか?例えば総務課の仕事は。社会保険関係の手続き
全て。タイムカードの整理?勤怠表の記入。。日給?時給?残業給の計算等
が給料計算についてですね。 総務課 出勤日数?残業時間などのタイムカード
による勤怠管理。残業は申請書から?毎月の支払額の計算と給与明細の作成
?配布は。総務と経理と。どちらが分担するかは。会社によって違い

未経験から経理経理事務になれる。未経験から経理経理事務に転職するには。何をアピールすべきか。どんな
ことに注意したほうが良いかなど。社内の経費や社員の給与。取引先への入金
?支払いなど。企業では日々お金が動いています。経理は。会社の経営を支え
ているというやりがいと誇りを感じることができる仕事です。経理ソフト
については。企業によって使用するソフトやシステムが異なりますので。入社
後に実務を通して使い方を習得すれば問題ないという企業が多いです。

役員の立場はどういう人なのでしょうか。世間一般で役員と言うと、取締役になります。この場合、労働者ではありませんから受け取るのは給料ではなく、役員報酬です。基本給と言う考え方ではありません。なので、本当なら役員報酬と書くのが正しいのでしょうけど。お金がもらえればそれでいいだけなので、従業員と同じ給与明細の用紙を使って記載してます。なので、基本給の所に役員報酬の金額を記載してます。別に、給与明細は、法的にここにこの金額を書けって言う書類じゃないので、問題ありません。特に役員は他の諸手当もほとんどないので、”わかるだろ”って話で終わってしまう部分かと思いますよ。御社もこういうことをしてるだけだと思うので、給与明細の基本給欄を利用して役員報酬を記載することは構わないです。めんどくさいこと気にする役員とか経理責任者だったら怒るかもしれませんが、気にする必要はないと私は思います。んで、一般的な役員ではなく、従業員兼任の取締役の場合には、基本給欄に基本給を記載するのが正しいですから、やはり問題ありません。前任者さんが、完全に正しいです。役員であろうが、一般従業員であろうが、給与の土台は「基本給」。役員の場合、それにプラスする形で「役員手当」が支給されます。そのとおり記載してください。社長ですら「基本給」が給与の基本部分です。下のber***さんは、他の質問でも、数々のいい加減な誤った回答を繰り返している人です。惑わされないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です