死後の世界は 死んだら魂はどこへ行くのでしょうか

死後の世界は 死んだら魂はどこへ行くのでしょうか。魂はいつも霊界にあり、そこからVRのようにこの宇宙を体験していると言う想像も可能です。死んだら魂はどこへ行くのでしょうか 死んだらどこに行くの。人は死んだらどこに行くのですか?」 死後の世界は。世界各地の信仰に応じて
様々ございます。 私は僧侶ですから「仏教では。」というお答えしか
できませんがお答えさせていただきます。 まず。私たちの命について死んだらどこへ行くのでしょうか。死んだらどこへ行くのでしょうか この地球だけに限って言えば,肉体の死は
終わりを意味します。しかし天の御父の計画では死は始まりであり,一歩前へ
進むことです。死ぬと霊は肉体を離れて霊界に行きます。霊界は学び,備える
場所です人は死ぬとどこへ行くのか。わかりやすく人は死ぬとどこへ行くのか?~魂の行く先は?~ 死んだら
どうなるんだろう? 自分が死を迎えた時。どんな感じなのだろう?恐れを感じる
のだろうか?安らかな心地なのだろうか?どんなに考えてもわかりません。

人は死後どこに行くのですか。①死んだら魂は消滅するというのは。聖書の教えではありません。死後も魂は
生き続けます。②死後。魂は最後の裁きのときまで眠りに就くというのも。聖書
的ではありません人間は死んだらどこに行くのでしょうか。人間は魂と心と体で出来ている。体が死ぬと。人間ではなくなる。そして。
生き物ではなくなる。 魂と心は体を前回失った場所の近くをうろついていること
が多い。動き回ることはできるのだが。遠くまで移動することは稀だ。魂は
たいてい死ぬと人はどこに行くの。人は死ぬとどこに行くのですか?人間の魂は。死後。どのようになるの
でしょうか。 普段「死後の世界などないのです。 突然の心臓発作で亡くなっ
てしまった方のケースから。「人は。死んだらどうなるのか」を学んでみま
しょう。

死後の世界は。誰しも一度は「死んだらどうなるんだろう」「亡くなった○○さんともう一度話
がしたい」などと思ったことがあるのではないでしょうか。多くの人が知りたい
と思う死後の世界について。本書現世を思いっきり生きたからこそ行けるのが
。死後の世界です。嘆き悲しむよりも。「現世ではお疲れさまで人間は死ん
だらどこに行くのか」「?大切なあの人は今どこで何をしているんだ

魂はいつも霊界にあり、そこからVRのようにこの宇宙を体験していると言う想像も可能です。その場合は、死んでも魂はどこにも行かず、記憶を分けて体験していたコトに気づくと言うものになるのかも知れません。物理法則などの常識は霊界とこの世では大きく異なるものと思います。例えば、2つの演算されたゲームの世界は定義された2つの変数の集合ですね。その集合は独立した秩序でその中だけで相互作用します。体験するための部分だけ霊界との作用を持っているのでしょうね。※ここは鍵となりそうです最もこの想像はまだ想像の域を出るものではありませんが。───────────────お読み頂き、ありがとうございました。───────────────個人的想像と見解故、非断定。ニジノソト自殺霊とかは、明るい場所には行けず、下のほうの暗い場所に集まるらしいです。普通に死んだ人は、天界の明るい場所に導かれて行きます。仏教は生まれ変わるというのが基本の考え方です。生まれ変わるのですから、天国や地獄が現実とかけ離れた所に在ったのでは辻褄が合いません。天国も地獄も現実の世界で見ることができます。例えば、金持ちの幸せな家庭に生まれる子供と、貧乏で親から虐待されるような家に生まれる子供、この違いが天国と地獄です。他には平和な国に生まれる子供と戦争が絶えないような国に生まれる子供、この違いも天国と地獄です。 日本人は死んで生まれ変わるまでの期間を「あの世」と考えているように感じますが、あの世がどうなっているかと言うと、夢を見ているようなものだそうです。前日に楽しいことがあれば楽しい夢を見、辛いことがあれば悪夢にうなされる。仏教では、生と死の中間は睡眠と同じであると説いています。睡眠を挟んでいても,昨日と今日が継続しているように、生と死も今世と来世は断絶しているのではなく継続しているのです。要するに前世も今世も来世も断絶しているのではなく、「あの世」を挟んで連続しているということです。テレビで前世のことを記憶している子供の特集番組を見たのですが、生まれ変わるまでに50年くらい要しているようでした。仏典によると成仏できた人は四十九日と言われていますが、地獄に落ちた人は何百年もかかるようです。人生終焉後には平等に明らかに??どこに行くも何も、好きな所に行けば良いと思う。死ななければわかりません。ついでに言えば、宗教によっても死後の世界の解釈は様々です。無神論者であれば、魂という概念にすら疑問を抱くだろうし、信者であれば信仰する宗教の話を信じるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です