東條英機は 戦争を始めたのって東條英機なんですか 内閣を

東條英機は 戦争を始めたのって東條英機なんですか 内閣を。開戦の最終決定を下したのは東条英機ですが、日米交渉がうまくいかなくなったのはその前の近衛内閣です。戦争を始めたのって東條英機なんですか 「内閣を引き継ぎわずか50日で戦争を始めた 」ってテレビで言ってました 東條英機は。『東條英機』一ノ瀬 俊也 一九四二昭和一七年七月一一日の朝四時二〇分
。一人の男が札幌の街に姿を現した。男は内閣総理大臣にして陸軍大臣の東條
英機。東條英機は太平洋戦争開戦時の首相?陸相であり。後に参謀総長まで
兼任するなど。昭和日本における代表的な戦争指導者である。東條英機内閣成立1941年10月。追跡]20世紀 21世紀への伝言 戦争と政治 軍追従が戦火拡大招く??三浦良一
さん, 第3次近衛内閣が総辞職して東条内閣が成立。事務引き継ぎを終えた近衛
文麿前首相左と東条英機新首相=首相官邸で1941年10月20日

渡部昇一氏。弐キは東條英機と星野直樹で。参スケというのは岸信介のほか。鮎川義介と外交
官の松岡洋右ですね。東條内閣というのは当時の天皇陛下に「何がなんでも
戦争がはじまらないようにせよ」という目的を以って任命されたの結局の
ところ。戦争をはじめたのは東條という形になりました。憲法条なんて言い
ますが。あれはまあ運動家のインチキというか。一つの手なんですね。戦争を始めたのって東條英機なんですか。

開戦の最終決定を下したのは東条英機ですが、日米交渉がうまくいかなくなったのはその前の近衛内閣です。……ただし、その近衛内閣で対米強硬論を唱えつづけ日米交渉を破綻に追い込んだ陸軍大臣はやっぱり東条英機でした。なので、「一番悪いのは近衛」論はまだ成立し得ても「だから東條は悪くない、戦争回避を試みた人物だった」という主張は全く成り立ちません。昭和12年1937年8月第二次上海事変から本格的に開始された支那事変は、国際法上は正式な戦争とはいえないが、戦時国際法も適用されてたから実質的には戦争という見方が強い。支那事変を戦争とするならば、戦争を始めたのは当時首相だった近衛文麿ということになる。まぁ、左翼は支那事変を「戦争」という認識だから、支那事変を戦争と断定してもいいんじゃない?法的には戦争ではないけどさ。戦争は政治的に決まるものだからね。国民の代表者である国会議員政治家が戦争をするかどうかを決める。国会議員の最高責任者は内閣総理大臣首席宰相。すなわち首相。念を押しておくけど、支那事変の時の首相は近衛文麿だったということは忘れずに。ちなみに、近衛政権の対支那の外交ブレーンは尾崎秀実。尾崎秀実は共産主義者でありソ連コミンテルンのスパイ内閣書記官長現在でいうと内閣官房長官は風見章。風見章も共産主義者だった。近衛政権のブレーンだった「昭和研究会」と「朝飯会」これらのメンバーは共産主義者だらけ。つまり、近衛文麿政権は共産主義者の連中に囲まれていた。支那事変の継続を強硬主張してたのは近衛文麿や風見章など。もちろん陸軍の統制派革新軍人の連中も強硬主張していた。※革新軍人の正体は右翼に成りすました共産主義者。分かるかな?誰が戦争を望んでいたかこれだけは知ってほしいです。戦争に踏み切ったのは日本ですが、その原因を作ったのはアメリカやイギリスなどの連合国です。逆に東條はその内閣を引き継ぐ前はぜんぜん無力だったの?力はすでに十分に持ってたでしょ。もう少し冷静になって考えようね。日本国全体が、戦争をしたくてしたくてたまりませんでした。先般の日露戦争に勝ち、列強国にも対抗できると自信もついていた頃です、国内の景気も良くない状況でした。日露戦争の際は国内の景気が良く、国全体が活気に満ち溢れていた頃を思い出す日々。それを煽りたてたのが、他でもない新聞です。マスコミが政治家へ働きかけたのです。そこで、軍隊の士気も上がり大きなうねりとなり日本全体が戦争へ向かって行くようになります。世論とマスコミからのプレッシャーに応えるように政治家が躍動していきます。今考えると、その時点でもう既にアメリカの思惑通りだったのかもしれません。違いますそもそも戦前の日本の内閣総理大臣には議案提出権、政策決定権がありません東條英機が総理になった段階で陸軍は発言権を失ったんです大日本帝国憲法には内閣総理大臣の地位が無いんです戦争は昭和12年から始まっています当時の総理大臣は近衛文麿です南京陥落後に戦争継続を求めて戦争継続反対派の多田駿参謀次長を更迭に追い込んだのが廣田弘毅外務大臣、海軍大将米内光政海軍大臣、海軍大将末次信正内務大臣です戦争をするために陸軍は東條を擁立したんです。大まかに言えば、東條英機というより陸軍全体だね、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です