日本人とキリスト教 キリストはキリスト教ができると知って

日本人とキリスト教 キリストはキリスト教ができると知って。イエスは全く知りません。キリストはキリスト教ができると知っていたのですか
ユダヤ教を広めただけで弟子が勝手に作ったのですか ナザレのイエスはイエス?キリストか。誰もが知っているように。イエスが弟子のユダに裏切られ。大司祭が差し向けた
兵に捕らえられる。真夜 中の裁判で最高法院は架上で「父よ。彼らは何をし
ているのかわからないのです」「父よ。何故私をお見捨てになるのですか」と声
をふりしば るイエス。を紹介しておく。コンスタンティヌス帝の「政策」も
あり。ローマ帝国公認宗教になったキリスト教が。決定的同時に。神を殺す
ことができるのは悪魔しかいない。ユダヤ民族責任論という「神学的解 釈」が
登場して日本人とキリスト教。彼らはユダヤ教徒であったが。イエス?キリストを信じる信仰に生き方を変え
られ。ユダヤ教の戒律 律法による洗うような歴史がキリスト教にはある
ことを知っているのである。故に。冒頭の当たり前ということができる。さて
。本題に戻るが。のキリスト教と位置づけているかもしれないが。ヨーロッパ
に広がっていた女神信仰に代えてのマリ ア信仰の導入。また。わたしは神の
律法を持っていないわけではなく。キリストの律法に従っているのですが。 律法
を持た

寄稿イエス?キリストの本当の姿は。イエス?キリストの外見ならだれもが知っている。このモザイク画でイエスは
金色の長衣を着ている。けれども。イエスがさまよえる賢者だったならば。
もしかするとひげをたくわえていたかもしれない。福音書の中でも比較的正確
とされている部分なので。この言葉からイエスは長い衣を着ていなかったと推量
できる。筆者について>ジョーン?テイラー教授はキングス?コレッジ?
ロンドンで初期キリスト教および第二神殿時代のユダヤ教を教えている。

イエスは全く知りません。イエスの思想は新約聖書の二元論的な黙示思想とは違う様です。新進気鋭の聖書学者上村静氏はキリスト教の成立に関して次の様に明確に述べています。新約聖書と旧約聖書同書p193キリスト教の創設者はイエスではなく弟子たちであり、中略??キリスト教はイエスの教えを伝え引きついたのではなく、イエスがキリストであるという全く新し事柄を伝達する宗教である。ーー史的イエスの思想は明確にはわからないが、「本来イエスは黙示思想を批判し、神議論正しい人=義人に報い罪人を罰する神を否定するところにその信仰をおいた。旧約聖書のコヘレトに書かれたニヒリズムにごく近いところにイエスの思想は成立するのだ。」と聖書学者の上村静は述べている。ーーパウロや福新書の著者達はイエスに会ったコトも無ければ、史実に忠実なイエスの伝記を書こうとしたものでもない。彼等は「イエスがキリストである」を創作し主張するために、それぞれの福音書を書き上げたのである。ーーーまた、20世紀ドイツにおける代表的な新約聖書学者ルドルフ?カール?ブルトマンによれば聖書にはイエスに関する事実性は希薄です。新約聖書の性格はむしろ歴史的なものではなく、イエスをキリストとして伝えるケリュグマ宣教にあるという結論を導きだした。「そもそも福音記者たちに「史的イエス」に関する興味はほとんどなかった。」と結論している。●キリスト教神学の大部分はパウロが作った。キリスト教がパウロ教だということは昔から指摘されていることです。新約聖書の最大の分量の文書がパウロ書簡であり、かつまた、作者が明確にわかっているのはパウロ書簡のみで、他の福音書や書簡は使徒の名をかぶせてありますが、偽りであり、実際は作者不明の偽文書です。さらに、パウロ書簡は最古の文書であり、他の福音書も批判も含めパウロ書簡の影響を受けて書かれています。原罪論、贖罪論、信仰義人、永遠の命、等キリスト教神学の大部分はパウロ神学にあるものです。そして、パウロは生前のイエスとは面識もない人です。エルサレム教会陥落後パウロは異邦人を勧誘するため、「キリストは律法の終わりとなされた」ローマ10:4と宣言する。パウロがエルサレム教会で見聞きしたイエスの情報はパウロが妄想したイエスとはかけ離れていたのでしょう。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーコリント●5:16 ですから、私たちは今後、人間的な標準で人を知ろうとはしません。かつては人間的な標準でキリストを知っていたとしても、今はもうそのような知り方はしません。ここでパウロは歴史上のイエスを拒絶しています。パウロはサイコパスで、虚言を重ねる生まれついてのペテン師です。イエスの死を機会に . 彼は「復活したイエス」という虚言のもとに、最後の審判を、「神の国」をでっちあげた。 神の概念は僧侶によって偽造され、「神の国」がでっちあげられる。「神の意志」を熟知させるためにつくられたのが「啓示説」であり、すなわちそれは聖書という文学上の偽造である。これらの神概念のねつ造は、現実性、実在性、科学という「自然なもの」の否定であり、同時に「自然的なもの」への憎悪を生み出す。ニーチェは現実すなわち「自然的なもの」を肯定する。よってそれとまったく相反する道徳や神概念は、空想的諸原因と空想的諸結果とからなる純粋の虚構の世界でしかない。アンチキリストフリードリヒ ニーチェ歴史のイエス。●研究者たちの歴史的イエス像もバラ?バラバラであり定説はない●●バートン?L?マックイエスは犬儒派的な教師として想像されるが、その具体的な行動や生涯はあきらかにされてはいない。イエスに関する奇跡物語、十字架による殉教物語と復活、12弟子の概念は各種サークルの中での神話創造過程として解説され、実際の歴史とは別に創作されたフィクションである事を示唆している。●上村 静聖書学者 史的イエス」の実像に迫る 上村静氏インタビューイエスも、ユダヤ教も、キリスト教も、過剰に装飾されたり歪められたりしているパウロは自我の死を恐れた 生命の永続という究極のエゴイズムがその根底にある本来 イエスは黙示思想を批判し 神議論正しい人=義人に報い罪人を罰する神を否定するところに その信仰をおいた 旧約聖書のコヘレトに書かれたニヒリズムにごく近いところにイエスの思想は成立するのだ●イエスという男 田川建三「イエスという男はほとんど神について語っていないと考えている。」●そして、歴史研究家からは革命家のイエス像がたびたび提唱されてきます。イギリスの宗教史研究者S. G. F.ブランドン英語版S. G. F. Brandonは1967年にamp;amp;amp;amp;quot;Jesus and the Zealots , A study of the political Factor in Premitive Christianity amp;amp;amp;amp;quot;邦題『イエスとゼーロータイ — 原始キリスト教における政治的要素に関する研究』を著しています。歴史家 土井正興は『イエス?キリスト — その歴史的追究』三一書房、1966年を著している。専修大学教授土井のイエス像は、当時、不浄なものとして差別され、虐げられていた「アム?ハ?アレツ」「地の民」と共に立ち、かれらを宗教的に救済しようとするいっぽうで、ゼーロータイ的な政治革命への志向性をも有し、その両者を統合しようとするが、有効な革命理論の定立と行動の組織化に破綻を来したため、イエスはみずからの運動に挫折した、というものである。●「レザー アスラン 宗教史研究者 カリフォルニア大学リバーサイド校創作学教授。救世主キリストとしてのイエスは実在しなかった。いたのは、暴力で秩序転覆を図った革命家ゼロットとしてのイエスだった。歴史上のイエスは革命家というかテロリストで、それを継いだ初期の教団設立者がキリストに仕立て上げていったイエスの職業は、大工もしくは建設労働者を意味する『テクトーン』だったという。これが事実だとすると、イエスは職人、もしくは日雇労働者だったわけで、 1世紀のパレスチナの無学者の中では、貧窮者、物乞い、奴隷よりいくらかましな最下層階級に属していたのではないかと思われる。●ジョエル?カーマイケル、イエスはみずから「ユダヤ人の王」としてローマの支配体制に抵抗し、最終的には武力革命の興起を試みた結果、当時のアンチローマ?ラディカリストである「ゼーロータイ」熱心党の1人として、ローマ帝国の派遣したユダヤ総督によって磔刑に処せられた、という解釈を施している確かなものは無いです。ーーーーーーーーーーーーーーーーキリスト教は先行する宗教のイメージを寄せ集めている。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー●福音書のイエス像は古代宗教の神話の焼き直しという説もあります。●キリスト教と呼ばれるものは古代人の間にも存在したし、人類の歴史の始まりからすでにみられ、続いていた。アウグスティヌス。あらゆる新興宗教と同じようにと同様に、お手本となる先行宗教を土台に創作したのでしょう。●カイサリアの司教であった、キリスト教の土台作りに参加したエウセビオスは、教会史の中で、新約聖書の福音書は、実はエッセネ派が著した古い劇的な文書であったと述べている。エウセビオスは、エジプトにいたテラぺウタイについて次のように述べている「これら古代のテラぺウタイはキリスト教徒であり、その文章がわれらの福音書と使徒書簡であった」●●2世紀の弁証家、歴史家ユスティヌスでさえ、確かに、古代人の間で伝えられていたことの何もかもが「今ではキリスト教徒のものになっている!」とみとめている。コンスタンチヌスは、キリスト教徒の教父なる神と、より多くの崇拝を集めるミトラ太陽神を崇拝することによって帝国を更なる統合に導こうとしていた。カトリック百科事典によれば、ローマ教皇レオ1世在位440-462教皇在位中多くのおキリスト教徒がローマのサンピエトオロ大聖堂表階段に立って「太陽に敬礼と祈り」を捧げるのを習慣としていたと証言している。 キリスト神話p70「先取された盗作」を口 にさえして、キリスト教会が承認する何世紀も前に、悪魔が我々の儀式、教議を盗んだと非難し、自作の盗作の証拠を消し去るために、、異教の全記録をできる 限 り破壊したのであった。初期キリスト教の強力なライバルだったミトラ教に関する書物は全て破棄された。ローマのアポロン神殿付属図書館は火を放たれ、焼失 した。古典学者サー?ギルバート?マレー古代では、死後三日後に復活するのは神の条件のようなものだったのですから。宗教に深入りした、イエスの弟子たちが、これに宗教的意味を付け加えて言いふらすのはごく自然なことです。復活の話はバール神にもあるしエジプト神話にもあります。古代オリエント全域で信仰された。12月24日はバール神の冬至の大祭であり、バールは死後3日で復活する。ペルシャのミトラ 死後3日で復活?ギリシャのアティス 死後3日で復活?ホルス3日後に復活イエス神格化の過程でそうした類型に沿ったものとしてイエス像を創作したのでしょう。エジプト神話からも多くを模倣しているようです。BC3000年頃、ホルスが処女イシスから飼い葉桶の中に生まれたのも12月25日だった。彼の誕生は東方の星によって宣言された。ホルスは12歳のとき 神殿のなかで教え、またのちに頭部を切断されるアヌプからエリダヌス川で洗礼を受けた。ホルスは水上を歩くなどの奇跡を見せた。6..ラザロを蘇らせた記事死者の復活はエジプト宗教に原型があるのではないでしょうか?推測ですが、イエス自身はユダヤ教ですので、ごちごちになっていた戒律を申し越し融通のきくものにしたかったと思います。キリスト教が出来たのは弟子の時代でイエス自身はそんな事は考えていなかったと思います。キリスト教が出来ることを知っておられました。「わたしイエス?キリストの名のゆえに、あなたがたは憎まれます」等、「わたしの名のゆえに…」という言葉を何度も語られています。現在も、「キリスト教徒」だという理由で、殺される人は少なくありません。キリストメシアとは、たとえば、バビロニアからユダヤ人を解放したキュロス王がそう呼ばれたように、イスラエルを敵国から救う王に与えられる称号です。ところが、初めは弟子達にそう期待されていたイエスは、イスラエルをローマ帝国の圧制から解放するどころか、ローマ帝国の役人によってあっけなく処刑されてしまったわけです。教祖の突然の死という危機を彼らがどう乗り越えたかを示す歴史的文書が「新約聖書」であるといえるでしょう。教祖の死という危機に陥った弟子たちは、メシヤの役割を、本来の「通常はやや政治的な」ものから、別のものアダムの罪を贖うための犠牲の死、犠牲の小羊へと新しい解釈をせざるを得なくなった、というわけです。この新解釈を正当化するための様々な努力が「新約聖書」となっています。そうなると、神と人類の間の断絶を生んだアダムの罪が重ければ重いほど、断絶が深ければ深いほど、彼らの教祖の死の価値が上がるわけですから、「悔い改めて神に立ち返れば、そこに神の導きと祝福がある」という本来の旧約聖書のメッセージや、「悔い改めよ、神の支配は近づいているのだから」というイエス自身のメッセージのかわりに、「アダムの罪は神と人類の間に、我らの教祖の死を仲介にしなければ、取り戻すことのできない決定的な断絶を生んだ、よって、我らの教祖を信ぜよ」というメッセージが大いに宣伝されることになります。キリスト教の誕生です。イエスは、ただ単に、自分の考え方を伝え?教えていったそれだけの話し弟子たちがイエスの生涯と教えを纏めて、新約聖書が成立した新約聖書を聖典に加えたことで、ユダヤ教と袂を分かった主イエス?キリストは全知全能の神ご自身ですから、何でも知っています。ユダヤ教を広めるためではなく、全人類を罪から救うために、人となって来られたのです。十字架で罪をあがない復活されたイエス様は、弟子たちにこう言われました。「全世界に出て行き、すべての造られた者に、福音を宣べ伝えなさい。信じてバプテスマを受ける者は、救われます。しかし、信じない者は罪に定められます。」「イエス?キリストによる救いの知らせ福音」イエス様は、キリスト教が出来る事を知ってましたよ。ユダヤ教を広める…のでは無く「福音」を伝え広げました。結果、キリスト教とされたのでしょう。知らなかったみたいですネ。天国でビックリしているでしょう。やがてそんな形が出来るのは分かっていたでしょうけども、それが目的ではなかったでしょうし、イエスの内には「ユダヤ教」も「キリスト教」も「なになに教」もなかったと思いますよ。イエスのはじめの弟子たちも、そうだったものと思います。宗教ではなく、聖書の真意を生き、見せ、教えたのが、イエス?キリストだと言えると思います。なになに教とカテゴリー分けしたのは後の周りの人々であって、宗教くさくしちゃったのも周りの人々のやったこと…ということでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です