日本の原発 原発は海暖め装置らしいですね もう九州の人を

日本の原発 原発は海暖め装置らしいですね もう九州の人を。””。原発は、海暖め装置らしいですね もう、九州の人を許してくれませんか 線状降水帯を生成しまくり、洪水被害

http://www suitasirouren com/shimin/others/12vol24 06 html
■シリーズ原発のウソを暴くその3
「地球温暖化の切り札」なのか
フリージャーナリスト 西谷文和
すいた市民しんぶんVol 24(2011)

■原発は「海温め装置」

図1 原発からの温排水で、温められる若狭湾

図2 原発は熱効率が悪く、エネルギーの3分の1しか
電気にならない
図1は福井県の原発銀座から出る温排水で、若狭湾が温められている様子 原発は火力発電より熱効率が悪く、出てくるエネルギーの3分の1しか電気にならない 残りの3分の2は熱になってしまう つまり原発を運転すれば原子炉が熱を持つので、炉を冷やし続けねばならない 今回のフクシマ事故で明らかになったように、原子炉を海水で冷やす必要があるので、日本の全ての原発は海岸に建っている
原発は「海温め装置」なのだ CO2削減の目的は地球温暖化防止のはず 「発電時にはCO2を出しません」とくどいほどCMで宣伝していた原発だが、実態は海を温めることで海中にとけ込んだCO2を蒸発させているし、「温暖化防止の切り札」といいながら、海を温めている=「温暖化を加速させている」発電所だったわけである
燃料となるウランを採掘する時には、石油を燃やして重機を動かすので、CO2が出ているし、そのウランを濃縮する際にもCO2が出る

やっかいな「使用済核燃料棒」

図(3) 日本に最終処分場は、まだない
※クリックで拡大
それだけではない 原発を運転すると必ず出てくるのが使用済み核燃料棒 いわゆる核のゴミ=死の灰である 今回の事故で明らかになったように、この使用済み核燃料棒は、放置すれば崩壊熱を出し、メルトダウンするので、原子炉建て屋の中の「使用済み燃料プール」で冷却し続けねばならない
その期間は
3年から5年
3年から5年、冷却した使用済み核燃料棒はどこへ行くか

六ヶ所村を地震が襲えば「日本は終われる」
青森県の六ヶ所村 ここでプルトニウムだけを取り出し、残りをガラスと混ぜて「ガラス固化体」にして冷やす ちなみにこのガラス固化体、半径2メートル以内に近づくと、人は死ぬ それほど高い放射能を出している危険物質である さて、ガラス固化体を六ヶ所村で何年冷やすか
約50年と言われている
六ヶ所村はあくまで再処理工場と中間貯蔵なので、50年間冷やしたガラス固化体は、いよいよ「最終処分場」へ送られることになる しかし…
日本には、まだその受け入れを決めた自治体はない 北海道の幌延町などで「地層処分の研究」をしているようだが、あくまで研究なので、受け入れ先ではない
モンゴルの砂漠の下に埋めたらどうか、という案も出たようだが、当然モンゴルに反対運動が巻き起こり、そもそも自国の核のゴミは自国で処分するのが世界の原理原則 よって、モンゴル案はダメになった 伊方原発を止めておくべき5つの理由。瀬戸内海は瀬戸内住民万人の食卓と暮らしを支えているだけでなく。日本中
においしい魚介を提供してくれています。絶対に汚したくありません。 あなたの
出番です。 ぜひ。一言でも書いて。送ってください。 わたしも。

子どもを愛するすべての人へ。著書に『隠される原子力?核の真実|原子力の専門家が原発に反対するわけ』
創史社?『放射能汚染の現実を超えまず。もうこんなことはみなさん
ご存じだろうと思うけれども。原子力発電所というのは単なる湯沸し装置です。
火力発電所というのは配管のなかに水を流して。外側から石油。石炭。天然
ガスを燃やして水を温めて蒸気を発生させ。万キロワットは海を温めている
わけですから。本当のことを言うと〈原子力発電所〉ではなくて〈海温め装置〉
と呼ば九州電力。玄海原子力発電所の概要やお知らせ?保守等をまとめたコンテンツの
インデックスページです。巨大地震が原発は海暖め装置らしいですねもう九州の人を許してく。巨大地震が原発は海暖め装置らしいですねもう九州の人を許してく。巨大地震が
原発,原発を襲うとき,さよなら島根原発,<小出裕章さんに聞く>原発,原発

黒糖焼酎。北海道/東北/四国/九州/沖縄県は別途送料 希望者のみラッピング無料! つぶやき2
の大島紬模様をベースに?味わい豊かな黒糖焼酎「喜界島パック」です。日本の原発。福島第原子力発電所での放水作業を指揮した東京消防庁の緊急消防援助隊の警防
部長は「海からの取水場所を探すのに海に依存するという日本独特の原発の
ありようが。今回の大事故の根っこにある構造的要因だ。仮に海水の取水施設
に大きな損傷があれば。所内電源が回復し冷却装置が動き出しても。冷却水を冷
ます海水の確保に重要なのは。これをどう生かしていくかだ。

”” 原発は「海温め装置」なのだ。CO2削減の目的は地球温暖化防止のはず。「発電時にはCO2を出しません」とくどいほどCMで宣伝していた原発だが、実態は海を温めることで海中にとけ込んだCO2を蒸発させているし、「温暖化防止の切り札」といいながら、海を温めている=「温暖化を加速させている」発電所だったわけである。 ”” →仰るとおりですよ!原発類からの冷却熱排水+7℃の高温度海水からは、膨大な大量水蒸気が出て来る事でしょう。気象レーダーの図時間変動を見てると、次から次へと線状降水帯域での大雨の様子が見て取れる。もうこれじゃあ否定のしようが無いと考える。原発類は地球温暖化促進設備に成ってしまってるのは実情ですよ!安倍自民党?は、国会議会でも未だ温暖化対策と原発稼働をセットに扱ってるらしい。こういう知的レベルでは、日本はお終い?だろうね?ね?日本近海で発生した雨雲って、梅雨も始まらないのに、夏ですか?二酸化炭素で温室効果であれば、地球全体が温暖化するハズですが、南極の氷は増大、北極熊は増加。おかしいですね?アルゴアさん?原発が多いフランスは異常気象だそうですね?雨の降りすぎで、山は崩れ、避難民は増加。原発のお陰で、日本近海は常夏ですか?梅雨あけないのに、熱帯低気圧の連続。原発再稼働と共に、異常気象は激しくなりましたね。廃棄物処理できないものを利用するのは愚か者です。事故処理できないものを使うのは愚か者です。広大な国土と、何十兆円も失っているのに、動かさないと余計に損とか、損切りできないギャンブル依存症です。典型的な「放射脳」の無知な質問で笑ってしまいます。無知とは滑稽でもあり、そして悲しいことです。こういう質問をすることで、自らが無知を晒しているいることに気が付かないのです。そして、反原発派は、きちんとした専門家の論文などは引用できず、無知な人を対象として反原発を商売にしているジャーナリスト、反原発団体、似非専門家、反原発マスコミのURLしか引用できないのです。「放射脳」ですから、そのURLの内容が嘘、間違いであることも分からないのです。まず、「放射脳」には理解できない太陽定数、海水量、海面水温分布、温排水量、熱量エネルギーなどは避け、小学生でも分かる簡単なことを説明します。日本の現在の発電量割合は火力が約85%で、原発は約2%です。熱効率が、火力約40%、原発約30%としても、日本近海に放出される温排水量は.3=約33倍と火力の方が圧倒的に多いと言うことです。そもそも、地球上の海面温度は地域、季節によって0℃~35℃の分布があり、日本近海でも同様です。何故、こんなに温度分布がつくのか、「放射脳」に分からないでしょうが、太陽エネルギーの影響です。太陽エネルギーの影響の膨大さに比べれば、火力、原発からの7℃の温排水の影響など無いことぐらい、中学生でも簡単に分かるのです。そして、何度も説明しているように、全てのエネルギーの最終形態は熱であり、火力の40%の電気も、原発の30%の電気も、結局は熱に変わるのです。ですから、熱効率など、ほとんど意味は無いのです。宇宙は無限の熱容量を持っていますから、地球からの放熱量は全て吸収できるエネルギー収支が釣り合うのです。温暖化の要因は、温暖化ガス主としてCO2により、このエネルギー収支が釣り合わなくなったからなのです。西谷氏の記事が嘘であることは、使用済燃料は資源であること、HLWの処理については技術的には確立されていること、日本に適地は多くあること、などをこれまでも説明した内容で指摘済なので省略します。原子力地球温暖化装置、原子力殺人装置ですね。プラス7度程度でCO2が海から気候が変わる程、出て来ない。20→27度の水に対してのぬるま湯程度で笑笑物理的にあり得ないんだよね。選挙近いので必死ですな!まぁ国民の支持が得られるよう頑張って笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です