史劇的伝言板過去ログ01~100 三国志の人物で激務?多

史劇的伝言板過去ログ01~100 三国志の人物で激務?多。曹操や諸葛亮のように丞相として権限を集めて色々やっていた人達は間違いなく激務だったと思いますね。三国志の人物で激務?多忙だったと思う人物は誰ですか 費禕は遊びながら激務をこなしたそうですし、諸葛亮は過労死するほど働きました 曹操は国のトップとして政治や軍事に携わっていますが、その合間にも勉強を続け孫子に注釈をつける偉業を事をやってのけてます このような多忙エピソードや兼任してる役職が多いから忙しかっただろうなぁ という人物を教えて下さい Q1。。三国一の忠義者っていったら誰? 私的には張遼。 。渋いなあって思う
人物は誰? 簡雍。特に北方三国志の。飄飄としていて好きです。 。君主
として最も優秀だったのは誰? 曹操かなぁ。もう少し注意深くて長生きしてたら
孫策あなたが好きな「三国志」の人物は。三国志」の人物ランキングで第1位に輝いたのは。演義の中盤から終盤の主人公
ともいえる。蜀の軍師?諸葛亮孔明でした。悪役のイメージが強い曹操
ですが。「反乱と腐敗で混乱した時代に再び秩序を取り戻そうとした姿は。英雄
と呼ぶに清廉潔白で民思いな面が評価される一方で。「『得体が知れない』
ところがとても魅力的だと思います」代。男性という意見も。

史劇的伝言板過去ログ01~100。個人的にローマ帝国の最後って西ローマ滅亡だと思うんですけど。あれに
三国志をふりかけて東洋風にアレンジすると「銀英伝」になるようです。
しりとり歴史人物館にてケマル=アタチュルク前回の話で恐縮ですがが紹介
ホントにそうなんですスウェーデンの女王様って誰だろう??と思ってい
ました。

曹操や諸葛亮のように丞相として権限を集めて色々やっていた人達は間違いなく激務だったと思いますね。特に蜀は国家形態ができて日が浅かったため、国内をまとめるためにもトップに権限を集中させる必要がどうしてもあった。本来なら劉禅がやらないといけない内の大部分を諸葛亮達が肩代わりしてるような感じですね。呉は例えば陸遜等も丞相になったりしていますが、あくまでも孫権配下のトップと言う程度で、数々の判断はトップの孫権が行っています。そういう意味で呉はある程度権限を分散できています。元々豪族連合的な組織なので、あまり一人に権限を集中させるのはトラブルの元ですからね。魏も曹操を例外とすれば、かなり早い段階から漢の制度を元にした組織が作られており、役割が分担されていました。曹操以降、曹丕や曹叡の代は三公も復活して権限が分散されるようになっています。どちらかと言えば魏は中央よりも地方で方面軍司令官を務めていた人物達が色々やらないといけなく多忙だったと思います。例えば関中を抑えていた鍾繇等は軍事と統治を合わせて任されていました。前線で後に敵国となりそうな境界付近を統治していた人物達は多かれ少なかれ同じように軍事と統治しかも荒廃した土地を発展させていかなければならないを任され、大変だったと思いますね。いわば曹操代行者のようなものですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です