古代史?百済 古代の日本は親百済で新羅とは対立あるいは対

古代史?百済 古代の日本は親百済で新羅とは対立あるいは対。6世紀ごろ、日本は朝鮮半島、とりわけ金官伽耶と言われる地域にある種の権益を持っており、これを足がかりに外交や戦闘を繰り広げていました。古代の日本は親百済で、新羅とは対立あるいは対抗していたのでしょうか 白村江の戦いではそうですよね

なぜ百済と親しく、新羅と不仲だったのでしょう 日羅関係。その後。新羅は旧百済領を占領していた唐とその支配権をめぐって対立し。
年から争った唐?新羅戦争が。年に唐軍は半島から撤退し。旧高句麗領
の南半分と合わせて朝鮮半島をほぼ統一することに成功した。これ以後を日本
では新羅。新羅 年?年 新羅しらぎは。古代の朝鮮半島南東部にあった国家。新羅。
高句麗。百済のか国が鼎立した世紀中盤までの時代を朝鮮半島における三国
時代と呼ぶ。世紀中ごろに朝鮮半島をほぼ統一し。高麗。朝鮮海民の日本史。で敗北を喫した倭国は。中国と関係を持つことで朝鮮半島における支配権を強め
。高句麗に対抗し。 その南下をられており。それに対抗する意図があったと
思われる。 年には武が「都督倭?百済?新羅?任那? 加羅?秦韓?慕
だが。倭国の外交を親新羅へと転換させることはできず。早々と帰国した金春秋
は翌年唐に赴き 年。この敗戦は。古代日本史にお倭国が出兵に
応じなかったのは。国力疲弊を避けるためか。あるいは派兵を巡る国論対立から
明 確な方針

古代史?百済。ここに記載の391年倭が百済新羅を征服したに対応するのは。古事記。日本書
紀の『神功皇后は。朝鮮半島へ出兵し。新羅。百済及び高句麗を降伏させた』と
記されていることから。神功皇后だろうか?また倭によって支配を受けていたこと

6世紀ごろ、日本は朝鮮半島、とりわけ金官伽耶と言われる地域にある種の権益を持っており、これを足がかりに外交や戦闘を繰り広げていました。ちょっと前までは所謂「任那日本府」などと呼ばれていたものです。この大部分を新羅が押さえたため、日本とは対立した立場になります。なお、百済は、百済が押さえた加耶領域について「代わりに治めている」という口実で日本に調を送っていたということになっていますなお、日本は白村江以前にも、何度か新羅に対して攻撃を加え、都度「調を贈る」という約束をさせていますが、都度破られています。また、これらの話は12世紀成立の朝鮮現存最古の史書「三国史紀」にはかかれていませんが、日本の記紀を別しても、宋書や高句麗の広海土王の石碑の状況証拠により高い信憑性があると考えています。日中共同研究でその正当性が示された石碑も、戦中関東軍が改竄したといって認めていないのがあの国の現状です。古代の百済と倭の支配者層は同族ですから親しいです。新羅との関係ですが、400年頃倭の五王の頃は、「百済と倭」が「建国が遅い新羅」にチョッカイをかけていたために、新羅が高句麗に泣き付いた状況で不仲です。500年の初め頃筑紫君磐井の乱の頃は、「倭の直轄地であった任那地区」を新羅が侵食し始めたので不仲です。550年頃、一時、百済と新羅は和議が成立し、共同で高句麗に対抗し、漢城を高句麗から奪還するのですが、新羅がかすめ取ってしまって、百済と不仲、という事は倭とも不仲。その後、百済と新羅は戦争状況で、百済は倭に仏教などを伝えて軍隊派遣要請の状況、ですから不仲。新羅は、「百済+倭」の攻勢に、今度は「唐」に泣き付いている状況で不仲。そして、「唐―新羅」が百済を滅亡、白村江で倭に打撃を与え、高句麗を滅亡させると言う状況で不仲です。その後、新羅は、唐の政策に反発し、唐を半島から追い出し、統一新羅の成立です。この状況になっては、不仲という訳にはいかず、好むと好まざるに関係なく、倭に対する新羅の影響力が増大するのは致し方なく不仲です。倭国の政権の中枢部は百済等からの渡来人が牛耳っていました。当時は、百済だけでなく、新羅も高句麗も[日本に人質を送っていた]よ。百済を滅ぼした新羅王の[金春秋]は、王子時代、日本に人質経験あるし←多分、百済最後の王になった[余豊璋]にも、日本で会ってると思うよ。百済を助けたのは[中大兄皇子]の独断だろうね。百済を助けるのは[唐を敵に回す]事だし、反対も多かったはず。この[金春秋]が、唐の使いとして[唐服]着て、日本に来たときに、日本側は激怒したとか言ってるから、激怒したのは[中大兄皇子]だろうね。それで、重臣の反対を押しきって、百済再興を助けた。中大兄皇子的には、百済がなくなれば、唐と新羅の連合軍が[日本を攻めてくる]とか思ったかも。中大兄皇子は人望の無い人で、大化の改新から即位まで[20年かかってる]←実の母親の斉明天皇にも嫌われていたらしい。あまりの人望の無さに、近江に遷都するけど、結局、息子の代で[近江朝]は終わり。人望の無い理由の一つは[蘇我入鹿暗殺]←こんなの[横暴だから殺した]なんて、当時の重臣たちには説得力無し。もう一つは[白村江の戦い]←大宰府の防御など、国民に過大な負担をかけ、斉明天皇も死なせ、おまけに[国交を断絶した唐が、いつ攻めてくるかも分からない緊張状態]を国民に強いた。だから、日本と言う国が[百済だけを]保護していた訳でなく、三國均等外交だったはず。ちなみに、蘇我入鹿暗殺した時は、天皇に[三国からの貢ぎ物リスト]の読み上げをしている時。その均衡を破ったのが中大兄皇子で、だから、中大兄皇子は[人望が無い]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です