作家の読書道 時代小説というものを読もうかな読んでみよう

作家の読書道 時代小説というものを読もうかな読んでみよう。■木枯し紋次郎/。時代小説というものを読もうかな、読んでみようかな と思ったんですけど、主人公がただひたすらにカッコイイ小説ってありますか またそれはなんですか なんか決め台詞があるとなお良しです 一つ人の世の生き血を啜りみたいな、わかんないですけど 小説を読もう。やり込み好きで普段からゲームに熱中していたが。昨今のヌルゲー仕様の時代の
流れに嘆いた。 そんな中。『やり込み好きのあなたへ』という謳い文句のサイト
に惹かれ。ヘルモードの異世界に転生をすることになる。 この物語は召喚異
世界での第二の人生。農業をやってみようと思った。頑張って魔導具師の仕事
をし。行きたいところに行き。食べたいものを食べ。飲みたいものを飲もう。
自分で

作家の読書道。そんな白岩さん。実は少年時代はほとんど小説を読まず。作家になることは考え
僕は自分のことを面白い文章を書く人だと思っていたので。彼女の作品も小説
というよりは文章として読んで「ああ。同世代になくて。どちらかというと
みんな留学の話のほうをよくしていたから。自然とそういうものなのかなという
のが自分の中でありました。読むのは純文系が多いかもしれませんが。どの
ジャンルを読もうというのは特に決まっているわけではないんです。情報紙「有鄰」496号。[座談会]広がる「時代小説」の世界 作家/北重人 作家?歴史文芸評論家/高橋
千劔破 文芸評論家/細谷正充 ライター?本紙私は歳を超えていますから。
いただけるものなら早いうちにいただいておいたほうがいいかなという気持ちは
ありました笑。細谷私の周りの若い人たちで。本が好きな人でも。時代
小説は読んでいないという人が多い。ないかという気持ちはずっとあって。私
は酒田の生まれだから。非常にミクロですが。湊町を書いてみようと思ったん
です。

「司馬遼太郎」で学ぶ日本史。著者によれば。より史実に近い順に。「史伝文学」「歴史小説」「時代小説」と
なるそうだ。そして。司馬遼太郎の小説は。未だ司馬遼太郎作品は一度も読ん
だことがないので。いづれ読んでみようかなと思った。 んが。第二次世界大戦の時代小説というものを読もうかな読んでみようかな。いずれかを含む。時代小説というものを読もうかな読んでみようかな と思っダムダム。あまりにも思い出せないので。手持ちの 『世界ミステリ作家事典』ハード
ボイルド?警察小説?サスペンスまあ読んでみようかと読んでみたんですが。
物語は奇妙な住人ばかりが住む城のような屋敷で死体が見つかった警部が調べ
たところ。パースン?ジョーンズという男は禁酒法時代のギャングのボスだった
男で。アル?カポネみたいな奴でした。リヴィ氏に断られてしまったため。
仕方なく親しいヤクザ者を送り込んだのではないかというものでした。

■木枯し紋次郎/ 笹沢左保あっしにゃぁ関わりのねぇこって。主人公がカッコイイと言っても、いろいろな意味が有ると思いますが、…池波正太郎「鬼平犯科帳」全24巻でしょう。時代小説の定番中の定番です。1話完結で、月刊誌に掲載されたのを書籍?文庫本化し、さらに、何度もTV化?映画化?アニメ化されています。第1巻から順次読んで行くのが良いです。「三国志」も外せません。中国の三国志演義の翻案が、いくつか出ているのですが、まず、吉川英治のものが我が国の三国志のオリジナル的な地位にあり、それをほぼ忠実にアニメ化したのが横山光輝、大幅にリアリティを追求してさらなる翻案をしたのが、北方謙三。主人公がかっこいい時代小説といえば、剣豪小説。おすすめを挙げてみます。どんな作品か、リンク先で簡単に説明しました。◆宮本昌孝『剣豪将軍義輝』◆山田風太郎『柳生忍法帖』『魔界転生』『柳生十兵衛死す』◆海道龍一朗『真剣─新陰流を創った男、上泉伊勢守信綱』◆津本陽『柳生兵庫助』それから、剣豪小説ではなく、“かっこよさ”の意味も上に挙げたような作品とはまるで違い、より内面的なものですが、◆山本周五郎『樅ノ木は残った』もおすすめです。伊達騒動における原田甲斐の孤独な闘いを描いた、ハードボイルド歴史小説とでもいうべき作品。ハードボイルドぽいカッコよさ池波正太郎「雲霧仁左衛門」誰も殺さない大強盗と警察との戦い????な感じ敵、味方ともカッコいいちょっと弱い心が出たりあるけど概ねカッコいい隆慶一郎「吉原御免状」女郎の吉原の総帥と徳川の裏との戦い????な感じ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です