仕事が奪われる 人工知能AIが人間の労働を奪うと人間はど

仕事が奪われる 人工知能AIが人間の労働を奪うと人間はど。1990年代にパソコンが導入され出したときに、事務や会計の「仕事が減る」と騒がれましたが、結局は仕事が「便利」になっただけで、さほど変わっていません。人工知能(AI)が人間の労働を奪うと人間はどうなりますか 失業者が増えますか 働かざる者も食っていい。遠くない将来。人工知能AIに人間の仕事が奪われるのではないか――。
仕事をして食べていけるのは。1割くらいの「スーパースター労働者」だけに
なるという時代を。ヒトはどう――2030年以降。大半の人間の仕事が
なくなると予想されていますね。仕事の争奪が激しくなりますね。人工知能は仕事を奪うかということについてのいろいろな人の意見。プレスリリース「日本の労働人口の%が人工知能やロボット等で代替可能に~
種の職業ごとに。もし。本当にが私たちの仕事を代替するのなら。私
たちはそうした時代を生き抜くために。どのように備えるべきなのでしょうか。
今回の記事では。人工知能と人間の仕事の問題について。メディアや専門家ら
による意見を集め。その内容を分類して紹介します将来的には。一定の創造力
を要する仕事においても人工知能が活躍することは十分予想されます。

仕事が奪われる。が人間の仕事を奪う「失業」は本当に起こるのか。影響を受けやすい職種。
受けにくい職種はあるのかを考えてみましょう。人工知能がこのまま
進歩を続け。企業への導入が進めば。やがて多くの仕事がに奪われる…や
ロボットに関する技術が今のまま進歩を続けてビジネスへの活用が進むと。数
ある職業の内。日本の労働人口の約アメリカやイギリスをはじめ。世界的に
同様の現象は起こるといわれていますが。日本の場合はその割合がやや

1990年代にパソコンが導入され出したときに、事務や会計の「仕事が減る」と騒がれましたが、結局は仕事が「便利」になっただけで、さほど変わっていません。イギリスの産業革命でも蒸気機関が発明され、手工業が大量生産に変わり、手工業は確かに減りましたが、代わりに重工業は増えました。20年、30年前にはwebデザイナーとかYouTuberなどの仕事は皆無でした。プログラマーもさほどいませんでした。介護職など今の10分の1もいなかったです。介護保険が始まったのは2000年からですから。AIが導入されれば産業は変わりますが、変わった産業に対しての新しい需要や新しい職業が生まれてくるため全体的にはさほど変わらない、と思われます。産業自体は大幅に変わっていくとは思いますが。AIの指向性を検討するシステム業が賑わいます。現場は人は減りますが、システムに需要が発生して、またシステムを使いこなせない中小企業が出て、混乱の嵐でしょうね。AIが発達しても、意外と失業者は増えないと言われています。AIが出した結論をそのまま適用出来るのは自動化された工場や無人運転、ビッグデータの傾向判断に限られ、人に対する審査等は最終的に人間の署名が必要となるため、人間が判断する際の補助に留まるためです。しかし、かなりの社会活動の部分にAIが関わることは予想されていて、単純な判断はAIに取って代わられます。銀行の融資審査、新幹線?乗用車の無人運転、将来はドローンの自動操作等は当たり前になります。それでも人間が必ず一人は万が一の場合に付いていることが社会的にも法的にも求められるはずですので、そういう意味では雇用はあまり減らないと予想されているのです。でも、金融機関などは労働者が激減すると予想されていますので、再就職する場合は、AIの関与度合いが大きい職種は避けた方が良いようです。増えるでしょうね。ただ人工知能が労働しても最終評価満足や不満足などを下すはあくまで人間ですから、そこに多少なりとも人は関わるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です