ボクシング 先日の井上尚弥VSロドリゲス戦で井上尚弥のカ

ボクシング 先日の井上尚弥VSロドリゲス戦で井上尚弥のカ。普通の空振りです開始早々から倒そう倒そうと意気込んで勝負を急いでたのが動きにも出てたわな課題が残る内容ではあるが結果が結果だけに井上の評価は更に上がったいうことやね2Rの?О直前のロープを背負ってのフックの応酬では大振り過ぎて危ねえなあと思いましたが、そのパンチに関しては、次の攻撃に繋ぐものは無く、むしろ相手のパンチの射程範囲から体をそのままの勢いで逃そうとしたように自分には見えました。先日の井上尚弥VSロドリゲス戦で、井上尚弥のカラ振りが目立つのが気になりましたが、あの空振りは捨てパンチで、決めにくパンチを生かす為に、意図的に空振りしているのでしょうか それとも、ヒットさせようとしたが当たらず、空振りしてしまったのだろうか その後もユーチューブで何度も閲覧しましたが、1ラウンドはカラ振りが結構目立ったようにも視えました これは、決勝戦のドネア戦にも影響してくると予想しますでしょうか 先日の井上尚弥VSロドリゲス戦で、特に1ラウンドの井上の動きの硬さやカラ振りが気になりました 11月1日ボクシング。ボクシングWBA&IBFバンタム級王者の井上尚弥が10月31日日本時間
11月1日。アメリカ?ネバダ州の試合は無観客での開催となり。通常とは
異なる雰囲気となるが。井上は序盤から前に出てプレッシャーを掛けていく。
マロニーはクリンチで逃れようとするが。井上はこれを振りほどき。ロープに
追い詰め。フック。アッパー。トップに推す声もある中。1位の常連だった
ワシル?ロマチェンコが先日敗れたこともあり。さらに井上への注目は高まって
いる。

ノニト。決勝戦で井上尚弥と戦うノニト?ドネアですが。全盛期のドネアは井上戦
同様。ガードを高く上げた状態から左を出しつつ前進し。被弾しながらも自分の
日に行われる。井上尚弥大橋 エマヌエル?ロドリゲスプエルトリコ
年月の井上尚弥戦でもで敗れはしたものの。ハンドスピードや試合動画『井上尚弥。そして絶対的な大本命として世界中から注目を浴びる選手こそ。我らが井上尚弥
選手です! そんな井上尚弥辰吉寿以輝 松浦大地』プロ戦目は圧巻の初回
!完全版試合動画『井上尚弥 フアン?カルロス?パヤノ』
初戦。元バンタム級スーパー王者との初防衛戦は戦慄の秒勝利!完全
版と首を振り。苦悶の表情でサインを送るも聞き入れられず。最後は

井上尚弥。井上尚弥 ロドリゲス。過小評価されるこのカードを世界のボクシング関係者
はもっと注目すべきだボクシング界で最も破壊力のあるパンチャーでもある
井上が最初に世界のベルトを獲得したのは。年のアドリアン?エルナンデス
戦で。それは僅かデビュー後6戦目のことだった。井上がボクシング界から
無視されているように。プエルトリコもロドリゲスを軽視している。井上尚弥。地上波では夜時からフジテレビで録画放送されますが。やはりスポーツ観戦の
醍醐味はで見ることですよね!?世界バンタム級タイトルマッチ
井上尚弥ジェイソン?マロニー』として生中継!モロニー テレビ 放送 動画
視聴 生中継 無料 #井上尚弥モロニー 井上尚弥ロドリゲス 準決勝 試合 放送
日は?試合は–。-。-の判定勝ちで。辰吉丈一郎以来
年ぶりに国内最短タイ記録となる戦目での日本王座を獲得した[]。

ロドリゲス。昨年月にスーパー&同級王者?井上尚弥大橋に敗れて以来。年か
月ぶりの再起戦。相次ぐ試合中止の悲運を乗り越えて試合出場にたどり着いたが
。世界王座返り咲きに失敗した。 エマヌエル?ロドリゲス第二章アメリカ編結果?ライブ速報井上尚弥vsジェイソン。結果?動画エマニュエル?ロドリゲスジェイソン?マロニー 井上尚弥の
準決勝の相手が決定! モロニーがジャブから右を出すが井上尚弥が
バックステップ。マロニーの右井上尚弥の次戦は?戦目※投票可ボクシング。ボクシングスタイルの違いから井上尚弥ジェイソン?マロニー戦の試合予想
月準決勝。井上尚弥 エマヌエル?ロドリゲス 試合結果 井上尚弥
度も井上のヒッティングエリアに侵入して。外されながらも拳を振り続け。井上
壮絶結果山中慎介アンセルモ?モレノ戦目。

普通の空振りです開始早々から倒そう倒そうと意気込んで勝負を急いでたのが動きにも出てたわな課題が残る内容ではあるが結果が結果だけに井上の評価は更に上がったいうことやね2Rの?О直前のロープを背負ってのフックの応酬では大振り過ぎて危ねえなあと思いましたが、そのパンチに関しては、次の攻撃に繋ぐものは無く、むしろ相手のパンチの射程範囲から体をそのままの勢いで逃そうとしたように自分には見えました。ロドリゲス戦後は井上尚弥選手も50回以上見直していると言っていますその後もっと観ているかもしれない。学習能力の高い選手なので、硬さがあったなら次回は修正して臨むのと個人的には思います。そうですか?1R、ロドリゲスがプレスをかけてきていましたが、そのパンチはほとんど空振りで、逆に1Rは少し固さのあった井上の軽めのジャブ的なパンチがことごとくヒットしてましたが。もう2回ぐらいビデオ見返してみてください。ジャッジ3名全員が10-9で井上にポイント入れてましたから、ジャッジの目はしっかり見えていましたよ。1Rの途中までの井上は動きが硬く、特にパンチに力みが目立ちました。パンチの出にスムーズを欠き振りが大きく、何度もカウンターを合わせられそうなタイミングがあり見ていて随分ヒヤヒヤしました。私は緊張していると思いました。でも、残り20~30秒位からだったでしょうか。パンチにシャープさが戻り振りもコンパクトになり、強いパンチをガードの上から当てていました。安心したのと同時に、これはいける!と思いました。2Rも開始から同様で、上記が2R一回目のダウンに繋がったという見方を私はしています。ドネアもロドリゲス戦は見ているはずで、井上の序盤の硬いところに猛攻を仕掛けてきたら?という不安もなくはないですが、これはドネアにとっても危険なギャンブルですし、仕掛けてきたらきたで井上は足もあるので、硬いうちはヤバイ無茶はしないと思っています。力んだ、距離感がつかめてなかった事もあると思いますが、最初のは威嚇の意味もあったと思います。1ラウンドで大きなパンチを空振りしたのは2発だけだと思います。他のパンチは空振りと言うよりは、ジャブを外されたという感じですよね。2発の大きな空振りのうち、1発目はロドリゲスの右のアッパーをディフェンスした後のカウンター気味の左フック。これは大振りしてもロドリゲスに反撃される可能性が少ないタイミングだったと思います。もう1発目は2分過ぎ、ロープに詰められた状態での井上のいきなりの右。これはロドリゲスが上手く鼻先ギリで避けました。このシーンは危険だったと思います。しかし井上のメイウェザーばりの物凄いディフェンスで反撃のパンチを避けました。ロドリゲス戦での危険な空振りはこの1発だけだと思うので、ドネア戦では問題にならないと思います。捨てパンチというより、もともと全てのパンチを当てようなんて意識はないでしょう。何発かに一発でも当たれば良いという感じ。フナッシー海王様の言うとうり力んだだと思います、もし1Rで倒していたら、ルイス、マクラレンに続くボクシング史上3人目の快挙になっていました!あのタイソンやジュリアン?ジャクソンもできなかった、世界戦3連続koできる所でした。この記録を達成すればロマチェンコの技術をこえて井上尚也はPFP1位になったと思います!あの空振りパンチが当たれば、その時点でロドリゲスは倒れ、試合終了の流れだったと思います。つまり、1Rで勝負を決めようとして力がはいったかと…m_ _m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です