スルガ銀の借金返済要求 スルガ銀行に金を借りてシェアハウ

スルガ銀の借金返済要求 スルガ銀行に金を借りてシェアハウ。事案のあらましは知っていますが、代物弁済の主張などは知りませんでした。スルガ銀行に金を借りてシェアハウスを建てたオーナーが、代物弁済による債務消滅を主張しているようですが、そんなことが法律で認められる可能性はあるのでしょうか ちょっと考えたらありえないスキームだとわかるレベルなのに 楽して金儲けをしようとして、成功したら丸儲け、失敗したら借金チャラにしろというのはムシが良すぎると思います スルガ銀行から融資を受けてシェアハウのオーナーとなった方達は。他の回答にあるように。他の事業者を見つけるか自分でシェアハウスを経営して
なんとかローンを返していく。売却する。自己破産するぐらいでしょう。事業
者が。賃貸用不動産の経営という不動産事業をやるために銀行から事業資金を
借りた」のです。金借りる→返済義務 賃貸業→空き室が発生しても業者責任
とらない 等々日当たりを考えて建てたのに裏の家に物置を置かれて日が入ら
なく

シェアハウス投資トラブル。女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」への投資を巡るトラブルで。建設資金
の大半を融資しているスルガ銀行が実態調査を始めた。所有者オーナーに
家賃保証していた運営会社が家賃の支払いを停止。人以上がシェアハウス「かぼちゃの馬車騒動」そもそもの問題点を徹底解説。女性向けのシェアハウス「かぼちゃの馬車」の運営会社が経営破綻し。投資した
大勢のオーナーたちが億円を超える借金を頭金は円。土地と建物はスルガ
銀行が用意したローンを組んで購入しました。建てた後は。スマートデイズ社
が全部借りてくれて。サブリース料万円払ってくれるから!スルガ銀の借金返済要求。差出人はスルガ銀行静岡県沼津市。男性は約2億円を借り。新築木造シェア
ハウス2棟を建てた。予定表に記されていた返済額は月80万円超。苦労し
ながら入居者を募るが。満室にできても家賃収入は月60万円台。

「かぼちゃの馬車」魔法とけ借金地獄「気が狂いそう」。弁護士ドットコム女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」などの運営会社
スマートデイズ東京が賃料収入を頼りに。建設費のために借りたお金を
返す計画だったはずが一転。るオーナーの大多数が。地方銀行のスルガ銀行
から多額の融資を受け。その借金でシェアハウスなどを建てて投資をスルガ銀行「シェアハウス借金帳消し」は事実なのか。こうした状況を受け。一定の条件を満たしたオーナーについて元本の一部カット
に応じる姿勢を見せるなど。早期解決に向けた動きを強めている。 関係者による
と。スルガ銀行は来年以降。一部のオーナーについて物件の譲渡とスルガ銀行不正融資「かぼちゃの馬車事件」の手口をわかりやすく。年前半のスルガ銀行不正融資による「かぼちゃの馬車」。かぼちゃの馬車の
名前は。スマートデイ社が販売していた女性専用シェアハウスのブランド名から
付けられました。た。同社は「サブリース契約で年の家賃保証」を謳ってい
たため。それが減額されことは。当然オーナーにとっては死活問題です。この
スキームは新規でシェアハウスを売り続け。建て続けないと破綻してしまうため
。まさに自転車操業的なビジネスモデルだったといえるでしょう。

「スルガに借金4億円」カモにされた50歳男性の苦悩。縁のない新潟市内に建つ。階建て築年の中古アパート棟を。億円で購入
した。すでに借金は億円近いのに。さらに万円の無担保ローンを借りて
ほしいという。弁護団と被害者同盟の調査で。スルガ銀行が融資したシェア
ハウスは。転売で土地価格がつり上げられ。不当な高値で販売された詐欺夫が
相続した遊休地にアパートを建ててオーナーにならないかという誘い。

事案のあらましは知っていますが、代物弁済の主張などは知りませんでした。その上で、ですが、銀行側が、物件の価値を上乗せ高いと思わせ契約したようにも思えます。すると、詐欺の成立もあり得ます。代物弁済は物件の価値だけですが、不足分は詐欺による不当利得だ、という論も成り立つのではと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です