スケール音階 キー調とスケール音階の違いは何でしょうか

スケール音階 キー調とスケール音階の違いは何でしょうか。キーはダイアトニックスケールの第一音を指してそう呼んでいるだけで、ダイアトニックスケールの第一音が必ずしも「主な音」というわけではないんですよ。キー(調)とスケール(音階)の違いは何でしょうか

音楽理論入門などの説明ではあいまいな記述が多く理解できておりません

例えば「key=C」のとき、どういう意味を持つのでしょうか ①key=Cは主な音がドである
②key=Cは主なコードがCである
③key=CはCメジャースケールを用いる

上記の③まで意味しているように思っていますが、
それだと、キーとスケールが同義になってしまい、
キーという概念の存在意義がないように思ってしまいます キー調と音階について。キーというのは。いわゆる音階?スケール例えばドレミファソラシドの音の並び
のルートとなる音のことだ。実は曲を作っているときは。メジャースケールと
マイナースケールの違いを意識することってあまりない。 え。そうなんですか?
音の並びは同じでしょ? メジャー当記事はいかがだったでしょうか?

クズでも分かるメジャー/マイナースケールとキーのはなし。今回はメジャーとマイナーのスケールをもとに。曲のキーが変わるとはどういう
ことか?また。そもそもメジャー/マイナースケールとは何かを書いていきます。
メジャースケールの音階の構成キーとスケール。キーとスケール ほとんどの音楽には。特定のキー調があります。ある曲の
キーが「」であるという場合。がその曲の「第音」トニック主音で
あることを意味します。 同様に。ほとんどの曲では特定のスケール音階に
含まキー調の特徴?イメージを一覧にしてまとめてみた。音楽の世界では長調メジャーと短調マイナーで個のキー調が存在
します。このキーはは異なっていることには違いありません。 自分の音楽
の基準ということで。濁りっ気のない感じでしょうか。ピアノの

2。メジャーキー長調とマイナーキー短調の境目が何なのか気になる方もいるかも
しれませんが。その境目は。実はしかし。なぜわざわざ「スケール音階」と
「キー調」という風に種類の言葉を使っているのでしょうか?スケール音階。スケールとかキーって何? 知ってるといいことあるの? この記事では「メジャー
スケール」「ナチュラルマイナースケール」「ハーモニックマイナースケール」
「メロディックマイナースケール」「キー」について紹介しています。 スケールキー?スケール?ダイアトニックコードとは。音楽におけるキーと。キーに関係の深いスケールとダイアトニックコード
について解説しています。ひと目で分かるそれらの音の連なりをスケール
音階と言います。 =のキーには。メジャーキーとマイナキーがあること
が分かりましたが。キーは全部で何種類あるのでしょうか? オクターブ

楽譜におけるキーの見分け方について調号=シャープ?フラット。これらをもとに。例えば楽譜を見てト音記号の隣に「#」が一つ付いていた時。
「ああ。この曲のキーは『上記でいう「統制のとれた音のグループ」を「
メジャースケール」。そして中心音をキーの音中心音「ド」であれば「キー=
」として表します。の構造を使えば。さまざまな音から「ド?レ?ミ?
ファ?ソ?ラ?シ」の音階。つまり「まとまりのある雰囲気」をあいうえ音楽理論。調キーとは何でしょうか。 音には音階は。これまでの音楽の長い歴史の中
で。それぞれの時代?場所でたくさんの種類が生まれています。つまり。
メジャースケール?マイナースケールの大きな違いはこのⅢの音にあるのです。

キーはダイアトニックスケールの第一音を指してそう呼んでいるだけで、ダイアトニックスケールの第一音が必ずしも「主な音」というわけではないんですよ。key of Cでいうと「C基準のダイアトニックメジャースケールのCDEFGABの7音のいずれかをセンタートーン主な音として用いる」、っていう楽曲の「環境」を表すのに「key of C」という呼び名を使っているわけですね。したがってCが必ずしもセンタートーンであるとは限らず、その7音の他の音もセンタートーンになりうるわけです。Cはそのうちの「第一音」っていう位置付けになっているに過ぎず、本来的には、その立場に明確な優劣関係はありません。あ、ちなみにここでいう「センタートーン」っていうのは「トニック」とは異なる概念です。念のため。◆キースケールkey of Cに対するCメジャーダイアトニックスケールを「キースケール」と言います。「キースケール」はよほど特殊な音楽でない限り、必ず「ダイアトニック構造」を持ったスケールになります。全音程5つと半音程2つを使って、半音が連続しないように組み立てられた7音ですね。そして、もっと言えば、ほとんどの場合ダイアトニックスケールのうち、メジャーダイアトニックスケールあるいはその派生形のマイナーダイアトニックスケールのみが「キースケール」になります。それ以外が「キースケール」になることは、特殊な場合を除いてありません。例外として「リアルマイナーダイアトニックスケール」がキースケールになることはあります。もしそれ以外のD?やE?やF?やA?やB?の音ノンダイアトニックトーンを用いたとしてもあくまで「補助」で、結局のところCDEFGABの7音のいずれかが主体となった上での一時的なものという扱いです。だからキーに含まれない音は楽譜上では「臨時記号」で示されますよね。センタートーンに用いられることがないので臨時記号で十分、というわけです。あるひとつの楽曲でセンタートーンが必ずしも同じであるとは限らず、楽曲内の部分によってはセンタートーンが移動する場合もあります。この部分ではDがセンタートーンで、違う場所ではEがセンタートーンで…。ということは普通に起きます。それでも、同じキーの環境が続くかぎり、移動先はキースケールに含まれる7音のいずれかになります。センタートーンがノンダイアトニックトーン以外になることもありますが、これは楽曲のキーが変化したことを意味します。つまりそれが「転調」ですね。楽譜上では転調は「調号」の変化によって示されます。◆コードスケールで、別にキースケールだけがスケールの全てというわけじゃないんですよ。例えば、和音のある音楽だと、和音の構成音のことをそれぞれ「第一音根音」「第三音」「第五音」「第七音」と呼ぶことはご存知かと思いますが、他に「第二音」「第四音」「第六音」もあります。ダイアトニックコードのみを用いる場合だと、通常は「第一音」「第二音」「第三音」「第四音」「第五音」「第六音」「第七音」は全てダイアトニックトーンになります。和声の構成音を根音から高い方に向かってで第一音、第二音、第三音…と並べたものを「コードスケール」といいます。たとえば、key of Cにおけるダイアトニックコードでいうと、C△7であればCが第一音の「Cイオニアン」CDEFGABDm7であればDが第一音の「Dドリアン」DEFGABCEm7であれば「Eフリジアン」EFGABCD…以下略となります。これらは「キースケール」の環境下で現れるコードに対応するスケールで、いってみれば、コードスケールはキースケールの上に重ね合わせになっているスケールなんですよ。「キースケールという環境の中にコードスケールという環境がある」みたいな感覚ですね。コードスケールはキースケールよりも小さな環境になっており、コードが変わればコードに合わせて変化します。例えば、C△7にとってE音は第三音ですが、F△7においては第七音になります。同じ音でもルートが変われば立場が変わるわけですが、それを取り巻く環境が「コードスケール」というわけです。コードスケールが必ずしもキースケールと全く同じ構成音になっているとは限らず、臨時的にキースケールとは異なる構成音のスケールが「重ね合わせ」になることがあります。たとえばkey of Cで「E7」という「ノンダイアトニックコード」が用いられている瞬間、キースケールであるCメジャーダイアトニックに、Cメジャーダイアトニックスケールの構成音とは異なるスケールが重ね合わせ状態になるんですよ。Eを第一音とする「EハーモニックマイナーパーフェクトフィフスビロウスケールEhmp5bスケール」や「Eオルタードスケール」などがそれにあたります。Ehmp5bスケール:EFG?ABCDEオルタードスケール:EFGA?B?CDこれらの構成音はkey of Cのキースケールである「Cメジャーダイアトニックスケール」の構成音とは一部が異なります。先ほどキースケールのところで説明したように、こうした一部の「ノンダイアトニックトーン」は結局のところ「一時的なもの」となります。単に「スケール」と言った場合にはこっちのコードスケールの方を指すことが多く、「キースケール」のことを指すことは稀です。それでも困ったことにコードスケールとキースケールを混同する人が多いんですよね。キー調楽譜でいうと調号のこと。この曲では、このような音階を使いますということ。key = C ということは、楽譜の調合は何もなし。結果的に、使われる音はCメジャースケールと一致するがそれが直接の定義ではない。なぜと言われれば、逆Cメジャースケールを使う曲はkey=Cになる?は必ずしも成立しないころから理解してください。スケール音階単なる音の並びの定義。スケールだけで曲全体の定義にはなりえない。いろいろやってきて、自分なりに思うことを書いてみます。細かい話はほうっておいた、かなりざっくりした話なので、ツッコミはなしにして欲しいのですが。さて。あるコードがなってて、それにたいして不自然じゃない音を選んで、覚えやすいように順番に並べたのがアベイラブルノートスケールと呼ばれる音階です。キーCメジャーの時の主和音がコードCメジャー。コードCメジャーが主和音として働いてるときのアベイラブルノートスケールがCメジャースケール。キー=スケールじゃないです。キーは、そのハーモニーをアナライズしやすくするための概念だと自分は思ってます。Popsでよくいうスケール云々というのは?いわゆるコードスケールのことです?あるコードには?構成音?付加音?テンションが混じっています?そのコードにおいて?使われる音を?コードスケールとして?グループ化するためのものです?例CーA7ーDm7ーG7のA7には?b9?b13が使われます? これをA7b9,b13と考えるより?たとえば?A altered scaleと考えた方が?対応しやすいわけです?編曲?作曲?アドリブ演奏において若手作曲家やシンガーソングライター等の育成、音源制作をしています。ほぼ同じ意味なのですが、スケールの場合、特定のジャンルを示すことがあります。ブルーノートとかロックスケールなどですね。ペンタトニックと言えば5音しか使わないので調では説明付きませんのでポピュラーミュージックでは使い分けてるのかとコンピュータではこんな事が行われます。プログラムで動くので、ある目的のプログラムをメモリに読み込んで実行する。例えばエクセルのプログラムとか。プログラムというのは先頭行から最終行までメモリの番地に対応して格納されるのだけど、具体的にどの番地とはプログラムの作者は書けない。なぜならメモリの使用状況は端末ごとに違うので、どこの番地が空いていてそこを使って良いかは端末ごとに変わってくる為。だから、番地を絶対指定では書いてない。プログラムの先頭を仮の番地として0ゼロ番地と書いておき、2行目から順に1?2?3?4???と振っていく。で実際にメモリに読み込むときに、メモリの使用状況を知っているOSが先頭行の具体的なアドレスを決めて配置する。もし先頭行が1010番地と宛がわれたら、プログラムは1行目から順に1010?1011?1012?1013???という実アドレスを持って配置される。先頭行を0ゼロ番地とし、2行目から順に1?2?3?4???と振ったものが相対アドレス。先頭行をどこに置くかをOSが決定して、その数値番地をプログラムカウンタというレジスタに入れる。それが先頭行の実アドレスだ。すると、プログラムカウンタの値+相対アドレス値=実効アドレス値 という演算がなされ、プログラム全体が実装メモリに配置される。音楽に当てはめると、相対アドレスが音階移動ドのドレミ???にあたり、プログラムカウンタがキー主音の位置にあたる。例えば、移動ド=相対指定で?ドドソソララソ~の曲において、主音=キーが「ド」だとハ長調。主音キーが「ソ」だとト長調となり、ソ+ドドソソララソ=ソソレレミミレ という実音が奏でられる。つまり、キー=プログラムカウンタの値、スケール=プログラムの実アドレス値、移動ドの表現音階=相対アドレス値 という関係です。音階は、ドレミ??ソラシド調は、ドの音キーCなら、C音から始まる ドレミ??ソラシドハ長調など、「調」というのは、さまざまな要素を包含する「容器」として働きます。ハ長調を例に取ってみると、その中には、いわゆるハ長調の長音階とされる、Cイオニアンスケール、その他、Dドリアンスケール、Eフリジアンスケール、Fリディアンスケール、Gミクソリディアンスケール、Aエオリアンスケール、Bロクリアンスケールという各種の音階を持っています。主和音はC、属和音はGG7、下属和音はFというのも「ハ長調」の要素に含まれます。また、情報として、?調号はない?平行調はイ短調、属調はト長調、下属調はヘ長調といったことも持っています。ほかにもまだ情報があるかもしれません。これらをひっくるめた大きな容器が調なのです。そして、調を代表する音階が長調なら長音階、短調なら自然短音階となるわけです。①まちがい②まちがい③微妙にまちがいメロディーや和音が、中心音tonal centreと関連付けられつつ構成されているとき、その音楽は調性tonalityがあるという。伝統的な西洋音楽において、調性のある音組織を調と呼ぶ。ハ長調ハちょうちょうは、西洋音楽における調のひとつで、ハ C 音を主音とする長調である。音階とは音を高低順に並べた音列。長調?短調の音階を表現する場合は、低い方から高い方に並べるのが一般的。key=C とは ハ長調 のことである。Cメジャースケール とは ハ長調の音階 のことである。ハ長調の音階とは、C?ハ音を主音とする、メジャースケール?長音階のことである。中心音と音階の主音は同じになります。音階では中心音が中心に来ませんから、主音と表現するわけですね。1.音階スケールとは音符を1個ずつ上げ下げしたもの。この1個ずつというのは五線紙での「ドレミファ.」のように「線上?線間?線上?線間」を繰り返して一つずつ上がって下がっていくもの。2.こうして8個の音を並べたとき3番目と4番目及び7番目と8番目の間が半音で、他が半音でないときの音階を「長音階=メジャースケール」という。また、2番目と3番目及び5番目と6番目が半音の音階を短音階=マイナースケールという。3.調キーとは上の8つ音の並びの「最初の音」と考えればよい。たとえば「シ=ロ=B]を最初の音にしたとき、つまりキーをBにしたときスケールは「シドレミファソラシ」であるが3-4と7-8レーミとラ―シを半音にするとシド#レ?ミファ#ソ#ラ#シとなり、これがBのメジャースケールとなる。キーはBメジャー2-3と5-6を半音にしてシド#レミファ#ソラシとすると、Bのマイナースケールとなる。キーはBマイナー質問の?はこの説明でわかると思う。コードとはスケールで使われた7種類の音から3~4個の音を使って作られた和音のことである。そのとき1番目、3番目、5番目を使う場合によっては7番目もCメジャーは「ドレミファソラシ」だから「ド、ミ、ソ」を使う。これが「Cのコード」Cマイナーは「ドレミ?ファソラ?シ?」だから「ド、ミ?、ソ」で「Cマイナーのコード」キーがCのときはこの「Cのコード」が中心となる。中心になるとは「Cメジャーの曲ではこのコードを使って曲を締めくくる」「曲の最初はこのコードから始まることが多い」という意味だと思えばよい。これが②への回答以上からわかるようにCメジャーというキーにおいてはC=ドが重要な箇所スケールの起点、曲の冒頭、結びで多く使われる。これが①の回答

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です