お客様の声 先日は懇切丁寧にありがとうございました!^_

お客様の声 先日は懇切丁寧にありがとうございました!^_。CとDがy=xに関して対称ということは、このグラフ全体をy=xに軸として折り返しても問題ありませんよね。先日は懇切丁寧にありがとうございました!^_^ 2017東大第5問で伺いたいことがあるのですが よろしいでしょうか?? http://task naganoblog jp/e2070079 html 解説の一番最後のコメントのところで 「CとDはy=xに関して対称なので、傾き2の接線があるということは、これと対称な傾き1/2の接線もあることになる また、y=xに垂直(傾き-1)な直線も共通接線 になることが、図を描けばわかる なので(2)の答えが先に見えてしまいますね?? 」 とございましたが、CとDが対称であるのは大丈夫なのですが、その後の部分の解説がなぜなのかがよくわかりませんでした???(>_<) また、(2)につきまして、添付のように考えたのですが、解説では(1)を求めるにあたり省いたはずのa= 1がいつの間にか復活しており、混乱しております??? アドバイスを頂けますと幸いです よろしくお願いいたします!!懇切丁寧。ハルト遺品整理 不用品回収 買取の「懇切丁寧!トン車円☆
年月 様々な要望までありがとうございました。 担当者の方も
年月 先日亡くなった母の部屋とベランダの片づけをお願いいしました

ベストゼミナール。ております。 作文だけでなく面接対応もしていただき本当にありがとうご
ざいました。先生もとても懇切丁寧でこちらの要望に即座に対応して授業を
進めて下さるので。大変助かっています。長期休暇の間には投稿日 年
月日お客様の声。一心堂さんは初めて来店した時から説明が懇切丁寧で。車両状態を包み隠さず
話してくださるので安心感がありました。中古車はアフターケアがまた。ご
遠方より2度も足を運んで頂き誠にありがとうございました。お車も調子良く
乗って迅速かつ懇切丁寧にご対応してくださり。日曜日に。無事商品を受け取らせていただきました。 さっそく中を開けましたら
。とても丁寧な梱包をしていただいており。 ご挨拶状はとてもきれいな
素晴らしい仕上がりで感激

仕事のメール心得帖相手の返信に対するお礼メール<。私は「ありがとうございました」を 「ありがとうございます」と現在形に
書き換えて返信することが多いです。 状況にもよりますが。「ご丁寧な」に
代わる言葉として 「早速ご返信をいただき。ありがとうございます」「懇切丁寧」の意味とは。?懇切丁寧に教えていただき。本当にありがとうございました。 ?懇切丁寧に
教えていただけたことで。とてもよく学べました。 「懇切丁寧に教える」「懇切
丁寧先日は懇切丁寧にありがとうございました。いずれかを含む。先日は懇切丁寧にありがとうございました!^_^SKY。つい先日中古車を購入させていただきました。 相場より値段安い懇切丁寧な
対応でした。 投稿日。品質。 日本人のオーナーさんより。対応が親切
丁寧でマナーをわきまえたオーナーさんで。安心して取引できました。この度
は数ある販売店の中から弊社をご利用頂きまして。誠に有難うご…投稿日。
年月日 総合評価今回は。程度良い車が安く買えてありがとうござい
ます。

迅速かつ丁寧な対応いただきありがとうございました。迅速かつ丁寧な対応いただきありがとうございました。って英語でなんて言うの
?本件につきまして丁寧かつ迅速に対応していただき。ありがとうございます
。」 ↑ 「対応」という日本語は英語// 回答お客様からの声。先日はお電話での対応有り難う御座いました。連絡,発送等も迅速で,質問
に対する回答も懇切丁寧でした。この度は迅速かつ丁寧なお取り引きを
ありがとうございました。梱包も非常に丁寧で迅速な発送ありがとうご
ざいました。

CとDがy=xに関して対称ということは、このグラフ全体をy=xに軸として折り返しても問題ありませんよね?そうすると、傾きが2だった直線は折り返すと1/2になることが図形から推測できます。傾きが-1の直線も共通接線になるのは完全にグラフの見た目からでしょうかね…2でa=-1が復活しているのは、1の答えがa≠-1という前提の元の答えであって、aの値を求める時に1の答えを利用する場合は、a=-1の場合はどうなるかをきっちり吟味する必要があります。このサイトの解説では、kの値を求めた後、a≠-1を反映させる前の③式を利用してaの値を求めようとしているので問題ありませんが、あなたの答案はa≠-1を反映させた1の答えを利用してaを求めているので、別途a=-1の場合はどうなるか吟味する必要があります。1の解答にa+1k=a^2/4+1/4a…①とあります。①の意味を考える必要はあります。a=–1の時、任意のkについて①は成立します。これは y=–x+n という傾き–1の共通接線が kがどんな値の時も常に存在することを意味します。そのため、しかし a≠–1のものについては常に存在するとは限りません。2では a=2について共通接線の存在を確認するという問題のようです。①を解くときにa=–1のとき常に成立というのを除外してはいけないという話になります。m._.m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です